心に響くメッセージに欠かせないこと

 

「メッセージよりも、書き手の存在を感じてもらうこと」

ココが、相手に響く手書きPOPを書く最大の秘訣。

僕がいつもお伝えしているポイントです。

 

目を引く言葉やキャッチコピーももちろん、大事な要素。

・・・でもね、

「誰がそのPOPを書いているのか?」

ココが伝わらないと、相手の心は動かないですよ。

 

・・・まさにこのコトを、先日、僕自身が実感することに。

 

 

昨日のお昼ね、郵便屋さんから1通の封筒を受け取った。

封を開けてみてね、、、まぁ、心がグイグイ動いちゃったんですよ。

 

 

DSC_0924

いただいた封筒にはたっぷりのカタログが

 

 

 

実は、この夏ね、家族で海行こうと予定立てていたんです。

娘が海好きなんで、 「どこかないかなぁ」と。

っで、先日、あるホテルの予約をしたんです。

 

そのホテル、僕の知り合いの方が働かれている。

以前、ある機会を通じてご縁をいただいた方が。

早速、連絡してみました。

 

「今度、泊まらせてもらうんです。

5歳の娘がいるんですけど、近くに海、泳げるところありますか?」

って聞いてみたんです。

 

すると、その男性Nさん、ものすごい喜んでくれて、僕が泊まるっていうことに。

(もともと、アツい方なんですけどね(笑))

「よかったら、地元の情報送らせてクダサイ」

って、おっしゃってくださったんです。

 

っで、昨日、そのNさんからの封筒を受け取ったんです。

カタログがいっぱい、そしてNさんのアツい愛情が詰まった封筒をね。

 

 

・・・でね、何がスゴイってね。

Nさんの愛情が伝わってくるんです、そのカタログから。

愛情っていうと、なんか伝わりにくいんですけど、Nさんのアツい思いっていうのかな。

自分が働いている街に、知り合いが遊びに来る。

イイ思い、いっぱいして欲しい。

いっぱいいっぱいイイ所あるから、伝えなきゃ。

そんな喜びっていうのかな、、、(なんかそれに近いモノじゃないかな、って勝手に想像したんだけど)

が、ガンガン伝わってくるんです、いただいた郵送物から。

 

例えば、カタログ1つにしても。

それぞれのお勧めスポットに付箋がついている。

Nさんのひと言コメント付で。

そのコメントから、またNさんらしさが伝わって来て。

コメントや書いてくださっているイラストをみると、Nさんが書かれた、っていうのがスグ分かるんです。

 

 

こんな風に一つひとつ付箋とコメントがついている

こんな風に一つひとつ付箋とコメントを付けてくださっている

 

Nさんのことを思い出すイラストとコメントが書かれている

Nさんのことを思い出すイラストとコメントが書かれている

 

 

 

・・・もうね、こんなに気持ちが動いたの久しぶりですよ。

 

まして、お店や会社からいただくお手紙で。

(今回は、ホテルからというより、Nさんからいただいたお手紙だったんだけどね)

 

 

っでね、冒頭の話に戻るんです。

「誰が書いているのか?」

ココを伝えるのが、手書きPOPを書くときには何より大事。

そんな話をいつもしています。

 

まさに、今回のNさんからいただいたアツい情報。

「Nさんからしかいただけない情報です」

 

「ココがいいよ」、「家族で遊ぶには良い場所ですよ」

っていう観光情報は、他でも手に入る。

それこそ、ネットで調べれば同じような情報がみつかるかもしれないです。

 

でもね、違うんですよ。

「Nさんが書いてくれている」

「Nさんが教えてくれている」

そう思うと、同じ1つの情報でも伝わり方が違ってくるんです。

あぁ、ここ行ってみようかな、そう思ようになるんです。

 

・・・これって、モノを売るにしても同じ。

 

同じ1つの商品をオススメするにしても、、、

「お勧めしている人の存在感」

「どんな方がオススメしてくれてるのか?」

ココが伝わってくるか?ただ、商品のメリットを伝えるだけなのか?

響き方は全然違います。

 

「あぁ、この方はこの商品に思い入れを持ってるんだ」

「きっと、この●●さんがこんなに勧めるってことは、この商品よっぽどイイんだろうなぁ」

手書きPOPを読んだお客さんは、そんな気持ちになる。

他店でも売られている1つの商品の伝わり方が変わってくるんです。

 

そしてこれは、手書きPOPだけじゃなくって、チラシやDM.

もっと言えば、メッセージを伝えるという観点から云えば、すべてに共通する話。

 

今回、Nさんからお手紙をいただいたことで、夏の楽しみが1つ増えました。

旅行に行く前から楽しませてもらっています。

 

・・・知り合いにホテルの話をするときに、

「●●っていうホテルいいよ」

っていう紹介の仕方もあるけれど、

 

「●●っていうホテルの▲▲さんに相談してみるといいよ。

きっと、チカラになってくれるよ」

そんな紹介の仕方、友だちにすると思う。

 

まさに、、、これからって、そんな時代だよね。

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。