書いたら売れた。POPを書いたら1日で10本売れた。

身も蓋もない話をします、

POPについて、です。

POPって、書けば
商品が今より売れる。

という事が往々にして起こります。

とにかくPOPさえ書けば
商品が売れた!

なんて、ことが。

会員さんから報告をいただいて
POPを見させてもらったら、

「俺が伝えた内容とあんまり
関係ないけれど…」

だけど、商品は以前より
2倍、3倍と売れている。

なんて事がざらに起こります。

正直、複雑な気持ちになるのですが、
商品が売れて、会員さんが
喜ばれるのが一番です。

OKだと思っています。

そんな経験をするたび、

「とにかく書かなきゃ損だよな」

つくづく実感します。

鍛冶屋さんの仲間がいます。

あるお店に商品を卸して
販売をされています。

1メートルくらいの売場に
ご自身がつくられた商品を
並べられています。

初めてお会いした際に
色々お話をして、

「○○さん、これってどんな時に
使うものですか?」

「あー、そうなんですか」

「だったら使い方や用途みたいなのも
書かれてみたらどうですか?」

なんて話をさせてもらったんです。

その1か月後、、、

2回目お会いすると
すごいですよね、

売場に商品の使い方や用途を書いた
POPを設置されていたんです。

「すごいな、すぐに行動されたんだ」

嬉しくなったんです。

それから30分くらい
直にお話をすると、

「臼井さん、まとまって売れてます」

こんなご報告がきました。

詳しくお話をお聞きすると
どうもPOPを置いてから
商品がまとまって売れているそうで。

「実はPOPを書いていたら
妻が横から、“そんなんじゃあかんわ”
って言うんですよ」

「結局、妻に書いてもらいました」

なんて嬉しそうに笑顔で
お話しくださいました。

つくづく思いました。

とにかく書けば売れるんだ。
(いえ、売れる可能性は上がるんだ)

だって、この会員さんに
そんなに凄いノウハウとか
お伝えしたわけじゃないですよ。

商品の使い方と用途でも書かれたら
どうですか、だけです。

初めから難しい話をして
行動されないのが一番避けたい
シチュエーションなので、
簡単な話だけお伝えしました。

そしてしっかり行動された。

結果、まとまって商品が売れています。

…とにかく書いてみることです。

どんな内容でも良いので
まずPOPを書いて売場に設置する。

これを行うだけで
今より売れる可能性は結構高いです。

もちろんノウハウを学んで
POPを書くに越したことはありません。

ただ下手に情報ばかりを集めて
動けなくなるよりも動いた者『勝ち』です。

書きながら、動きながら
結果に合わせてノウハウを
吸収していけば良い、

そう感じています。

スタートダッシュを付けるには
最適です。

やると決めたわずか1日後に
POPを人生で初めて書いて、
500円のドレッシングを10本売った
飲食店さんがいらっしゃいます。

今では気を良くされて
POPを量産されているはずです。

ほんと、やった者勝ちです。

「えっ、これで良いの?」

というくらいアッサリ
結果が出ることもよくあります。

「うーん、、そうは言っても書き方が、、、」

と感じるのであれば、
とにかくPOPを見ることです。

他の人が書かれたPOPを見て
真似でもいいので書くことです。

あんまり難しい事は考えない。

書けば、結果が付いてきます。

一旦スタートを切ることが肝心です。

一歩を踏み出せば、
あとは惰性で状況が変わり始めます。

まずは無料で学ぶ

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。