季節と関連させて”買う理由”を伝えてみる

 

例えば、あなたがDMを出していたとします。

それも、毎月とかある一定の期間定期的に出していたとしますよね。

でも、イマイチ反響がない。

思っているような成果が出ていない。

・・だけど、止めるに止めれない。

DMを出し続けている。

そんなシチュエーションになっていたとしたら、、、

 

ニュースレターと一緒に、ほぼ毎回同じチラシを同封している。

もう習慣的に、、、。

でも、反響はほとんどない。

でもまた来月もするだろう、、、みたいな。

 

もしも、あなたがそんなシチュエーションを経験されているのなら。

切り口を変える必要があるかもしれません。

DMの切り口を。

販促物の切り口を少し変えてみるんです。

 

・・・すっごい当たり前のことを言ってるんで、拍子抜けするかもしれないんですが。

でもね、結構できてなかったりしますよ。

 

毎月、同じ販促物を、、、同じ方法で、、、出している。

でも思うような結果が出ていないなら、、、

切り口を変えてみる必要がある。

 

じゃあ、その切り口を変える、ってどういう事か?

 

「切り口を変える」なんて言うとものすごくカンタンそうに聞こえるし。

専門家の方もよく言いそう。

だけど、そんなにカンタンじゃないですよね。

どうやったら良いのか?って、結構悩んだりしますよね。

 

例えばですよ、季節に合わせて販促の仕方を変えてみるんです。

季節に合わせた商品の勧め方をしてみる。

季節に合わせた使い方を紹介する。

 

もうスグ6月です、梅雨の時期がやって来ますよね。

梅雨といったら、湿気が多いですよね。

その梅雨と関連させて、商品を勧められないか?

考えてみるんです。

 

別に関連させるネタは、何でも良いんです。

「どうして今、この商品を買った方がいいのか?」

お客さんに理由を示してあげる。

分かりやすいのは、季節に合わせて買う理由を伝えること。

 

今やっている販促物がなかなか反響出ていないのなら、、、

買う理由をもう一度練り直してみる。

1番カンタンなやり方は、季節に関連できないか?

考えてみるんです。

 

・・・昨晩の勉強会でもこんな事を参加者の方と一緒にやっていました。

 

 

売れるPOPの書き方ハンドブック

footer-gokui720-300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。