POPが全然書けない

以前、手書きPOPのセミナーを開催したときのこと。 

受講者さん11名の少人数のセミナーでした。 

その中のお一人が終了後、 
ある興味深い話をして下さったんです。 

他の受講者さんと挨拶をしていると 
こちらへ近寄ってこられて、 

今日はありがとうございました。 
POPを書くのがこんなに楽しい事だと 
初めて知りました。 

前の職場で働いていた時に 
POPのセミナーを受けたことがあるんです。 

ただその時、凄く難しくって 
『私には無理』となって 
POPを全然書けなかったんです、でも今日ので…

このブログを読んで下さっている 
あなたには、

ぜひ意識して欲しい事があります。 

手書きPOPに必要なのは 
テクニックばかりではありません。 

そこが先行してしまうと 
おかしな事になってしまいます。 

「言葉選びがどうの… 」

とかとも少し違います。 

『自分の意見をどれだけ勇気を持って 
伝えられるか?』 

『自分をどれだけ出せるか?』 

ここに近いです。 

POPはともすれば、 
テクニックや経験値で思いがちだが、 
改めてマインドの大切さを実感しました

これは先日東京のセミナーで 
受講者さんから頂いたご感想の一部です。

手書きPOPセミナー 東京

洋菓子・ベーカリー店さん対象の手書きPOPセミナーが始まる前(東京中野サンプラザにて)

まさに、その通りだと思います。 

「POPを使って商品を売る」 

というのは、 

自分の意見や思っている事を伝えて 
そこに共感してくれる人に手を挙げてもらう。 

その結果、商品が売れていくというイメージです。 

ある意味、POPというのは、 
ご自身の意見をお客さまへ伝える 
手紙のようなものと言えます。 

「私にはスキルやテクニックがない…」 

とお感じになっている方は多いですが 
そんなに気にしなくて大丈夫です。 

自分の意見を伝えるのにテクニックがどうの… 
とか言うのもと変じゃないですか? 

例えば、小学校の先生がお子さんに、 

「感想文を書くときには 
●●という言葉を使った方が良いですよ。 
その方が読む人に感動を与えられます」 

とか教えていたら、

ちょっと嫌じゃないですか? 

まず成果を掴んでヤル気になって欲しいので 
時には、テクニックもお伝えします。 

でも、そこは脇の部分だと思っています。 

テクニックありきだと、いつかバレます。 

「あっ、なんか無理矢理 
商品を買わせようとしてる」 

お客さまもその辺り敏感です、
気がつきます。 

こんな精神論みたいな話をすると 
嫌がる方も多いのですが、 

このブログを読んで下さっている 
あなたには解って頂きたいな、 
そう思って書かせてもらいました。 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。