響くメッセージの伝え方②〜「なぜ?」を伝える

 

POPにしても、チラシにしても、、、、

商品の勧め方って、結構難しかったりする。

 

そう思うんです。

例えば、食品を扱っていたとして。

「美味しい」っていうことを、お客さんに伝えたい。

 

その時に、

「この商品は、美味しいですよ!オススメです!」

って、伝えると、、、

 

ちょっとストレート過ぎるよな、、、そんな思い感じたことないですか?

・・・かと言って、

「さっぱりして美味しいです」

「ジューシーで美味しいです」

と伝えてみても、これもちょっと抽象的で伝わりにくい。

 

では、どうすれば、「美味しい」をうまく表現できるのか?

お客さんに伝えられるのか?

 

その1つが、「誰が?」を伝える。

先日、そんな話をしました。

↓こちらの記事です↓
響くメッセージの伝え方①~「誰が?」を伝える

 

っで、今日はもう1つの伝え方。

「WHY?なぜ?」です。

 

「どうして、その商品を美味しいと思ったのか?」

ココを伝えてあげるんです。

すると、お客さんの心に響きやすい。

 

「なぜ?」

「どうして、その商品を美味しいと思ったのか?」を伝える。

・・・それは、どういうことか?というと。

 

要は、美味しいと思った理由。

それをPOPやチラシに書いてあげるんです。

そうすると、単に「美味しいです!」ってお勧めするより伝わりやすい。

お客さんの心に響きやすいんです。

 

「このみかん、ジューシーで美味しいです。オススメです!」

って言うよりも、

「このみかん、樹生り完熟です。

 樹の上で完全に熟すのを待って収穫しているので、通常のみかんよりジューシーです。

 なので、オススメです!」

って、言って(書いて)あげた方が伝わりやすい。

 

お客さんにも響くし、納得してもらえます。

 

POPやチラシで、”美味しい”って商品をオススメする時は、、、意識してみましょう。

「どうして、その商品が美味しいのか?」

その理由を伝える意識をね。

 

ちょっとした意識で、きっと、お客さんにも響きやすくなりますよ。

 

<関連記事>

【メッセージの伝え方1.】”美味しい”を効果的に伝える~「誰が?」

 

footer-gokui720-300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。