響くメッセージの伝え方②〜「なぜ?」を伝える

 

POPにしても、チラシにしても、、、、

商品の勧め方って、結構難しかったりする。

 

そう思うんです。

例えば、食品を扱っていたとして。

「美味しい」っていうことを、お客さんに伝えたい。

 

その時に、

「この商品は、美味しいですよ!オススメです!」

って、伝えると、、、

 

ちょっとストレート過ぎるよな、、、そんな思い感じたことないですか?

・・・かと言って、

「さっぱりして美味しいです」

「ジューシーで美味しいです」

と伝えてみても、これもちょっと抽象的で伝わりにくい。

 

では、どうすれば、「美味しい」をうまく表現できるのか?

お客さんに伝えられるのか?

 

その1つが、「誰が?」を伝える。

先日、そんな話をしました。

↓こちらの記事です↓
響くメッセージの伝え方①~「誰が?」を伝える

 

っで、今日はもう1つの伝え方。

「WHY?なぜ?」です。

 

「どうして、その商品を美味しいと思ったのか?」

ココを伝えてあげるんです。

すると、お客さんの心に響きやすい。

 

「なぜ?」

「どうして、その商品を美味しいと思ったのか?」を伝える。

・・・それは、どういうことか?というと。

 

要は、美味しいと思った理由。

それをPOPやチラシに書いてあげるんです。

そうすると、単に「美味しいです!」ってお勧めするより伝わりやすい。

お客さんの心に響きやすいんです。

 

「このみかん、ジューシーで美味しいです。オススメです!」

って言うよりも、

「このみかん、樹生り完熟です。

 樹の上で完全に熟すのを待って収穫しているので、通常のみかんよりジューシーです。

 なので、オススメです!」

って、言って(書いて)あげた方が伝わりやすい。

 

お客さんにも響くし、納得してもらえます。

 

POPやチラシで、”美味しい”って商品をオススメする時は、、、意識してみましょう。

「どうして、その商品が美味しいのか?」

その理由を伝える意識をね。

 

ちょっとした意識で、きっと、お客さんにも響きやすくなりますよ。

 

<関連記事>

【メッセージの伝え方1.】”美味しい”を効果的に伝える~「誰が?」

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。