「売れるPOP」と「売れないPOP」の決定的な違い

売れるPOP、
売れないPOP、
ここには、明確な違いがあります。
多くの方が、この違いを間違って認識しています。

「POPは、こうやって書いたらいい」
と思っている事が、そもそも売れにくいPOPの書き方になっているのです。

その主原因は、巷のPOPの専門家や書籍が間違った教え方をしているからなんですが…。

POPを使って売上を上げようと思えば、

「売れるPOP」と「売れないPOP」
まずは、この違いに気付くことが先決です。

この違いを知らないままPOPを書き続けると、ずっと、結果が出ない。
ちょっと売れても続かない。
まぐれ当たりで終わってしまうんです。

入口を間違えると、望む出口には出られません。

…昔、島田紳助がこんな事を言っていました。

俺は、ずっと研究してた。
ツービート、B&B、
売れ続ける人たちの漫才を何度も何度も聴いた。

そして、その売れる人たちの漫才には、パターンがあると分かった。
そのパターンを真似したから、俺たちみたいな才能のない人間でも売れたんだ。

一発屋ですぐ消える人たちは、なぜ自分たちが売れたのか?
それが分かっていない。
だから、消えて行くんだ。

みたいな事を言っていたんです。

これってね、
お笑いに限らず、スポーツにも何にでも共通だと思うんです。

もちろん、手書きPOPにも当てはまります。

売れるPOP、
売れないPOP、
ここにも、パターンがあります。

例えば、こちらの2枚のPOPを
見て頂けますか?
あなたは、どちらのPOPが売れそうだと思いますか?

2枚の手書きPOP

1は、下書きの状態なので単純に比較しづらいですが
メッセージやイラストを見比べてください。

実はこの2枚のPOP、
先日おこなった手書きPOPセミナーで受講者さんが書かれたものです。
1と2、書かれた方は同じです。

見た目からいうと1はイラストもあって、清書をすれば見映えは良いと思います。
ただ、「売れる」という観点からいうと、2のPOPなのです。
とはいえ、まだ書いたばかりで数値計測をしていません。
なので、断定できませんが、ほぼ90%以上の確率で2のPOPの方が、売上はUPすると思います。

…なぜ、そんな事が言えるのか?

1は、イラストも上手に書かれているのですが、
「売れるPOP」じゃないんです。

実は、ここが多くの方の成果を邪魔しているポイントでもあります。
「きれいなPOP」= 「売れるPOP」

これは、誤った認識です。

こんな事を言うと、気を悪くされるかもしれないんだけど、
「上手に」POPを書く事が
「売れる」POPを書く事につながらないんです。

今、このブログを読んで下さっているという事は、POPで売上を上げる事にご興味がある、
という事ですよね?
僕としても、あなたに売上に貢献するPOPの書き方を掴んで欲しいと思っています。

そのためには、まずは売れるPOPと売れないPOP、
この2種類の違いを知る。
上手に書くことが、イコール売上につながるPOPじゃないと認識する。
ここがまず、手書きPOPで成果を上げる、スタート地点です。

入口を間違えるといくらPOPを書いても、
「POPで売上を上げる」
という出口には出られませんからね。

ぜひ、今日ご紹介した2枚のPOP、一体、何が違うのか?
どうして、2のPOPは売れるのか?
その理由を考えてみて下さい。

まずは、この違いを認識することが
売れるPOPを書く入口になってきます。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。