こんな人でも怖いんだ、、、

手書きPOPセミナー大阪

「…かっこいいな」

そう思う方のお一人に、 小児外科のお医者さんがいます。
山髙篤行さんという方です。

以前、あるTV番組で知ったのが、キッカケで。
うちの娘もファンになっています。

…でね、この方がかっこいいんですよ。

あなたが抱くイメージは?

通常、お医者さんに抱くイメージといえば、、、
たとえば、僕の場合だったら。

堂々としてて、自信があって。
弱さを見せない。

「分からない。できない」 とは絶対言わない。
そんなイメージです。

…でね、この山髙先生は、少し違ってて。
「手術は怖いです」
はっきりとおっしゃるんですよ、TVカメラの前で。

そういう人はダメ

ある雑誌での対談でも、山髙先生はこんな事をおっしゃっています。

一番大事なことは、怖がることじゃないかと思います。

怖がらない奴っているんですよ。
そういう人はダメだと思う。

怖いから一所懸命勉強するじゃないですか。
そうすれば神様が味方してくるっていうか、
手術もすすすーっと、終わっちゃったりする。

僕ね、これを聞いて。

あぁ、ここまでの人でも手術が怖いんだ。
ここまでの人でも、そこまで入念に準備をされているんだ。
努力をされているんだ。
なんか、妙に心に残ったんですね。

1つの突破口

人の二面性というのか、意外な部分。

…ギャップを感じると、その与えるインパクトって、大きい。
よく云われますよね。

普段、愛想悪そうな人が、何かの拍子にニコッと微笑んでくれる。
すると、妙に心に響いたり、、、。
仕事中はムスッとしている上司が、プライベートは家族と仲良くしている。
そんな姿を見ると、妙に親近感を抱いたり。。

別に、意図的にギャップをつくっていこう、
とかそういう話じゃないんだけど。

「自分のことを知ってもらう」

僕たちのような仕事のなかでも、 大事なんじゃないの?
って考えています。

  • 「あぁ、この人って、こういう人なんだ」
  • 「案外話してみると、●●な人だ」
  • 「今度もまた何かあったら、相談してみよう」

何かをキッカケに、お客さまとの間にある壁が取り払われる。
普段とは印象を感じてもらえる。
一歩進んだ、これまで以上の関係が築ける。

その1つの突破口として、
「自分を伝える」
僕は大いにあると、感じています。

…冒頭の山髙先生は、世界でも一目を置かれる名医です。

そんな方が、
「手術をする前は、怖い」
そう言われると、、、

こんな人でも、そんな風に感じてるんだ。
こんな人でも、そこまでやってるんだ。
って、特別な感情を抱かざるを得ないです。

あなたが最近感じたギャップは何がありますか?
どんな方に対してですか?
その時、どんな気持ちになりましたか?

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。