セミナー参加者が書かれた手書きポップをご紹介

どんな手書きPOPができた?

昨日は、今年にはいって第一発目の手書きPOPセミナーでした。

受講者の方は、いつものように多彩。
農産物直売所、生産者、飲食店、食品メーカー、植物販売店、水産物販売店、、、
さまざまな業種の方が参加くださっていました。

せっかくなので今日は、その受講者さんが書かれた手書きPOP。
一部にはなりますが、ご紹介したいと思います。

セミナー参加者が書かれた手書きPOP

豆腐の手書きPOP
豆腐の手書きPOP
パクチーの手書きPOP
パクチーの手書きPOP

 

水産会社の手書きPOP
水産会社の手書きPOP
シフォンケーキの手書きPOP
シフォンケーキの手書きPOP

 

タコスの手書きPOP
タコスの手書きPOP
セミナー受講者の手書きPOP
イベント販売の手書きPOP

 

生産者の手書きPOP
農産物生産者の手書きPOP
イベントの手書きPOP
イベント募集の手書きPOP

 

どんぶりの手書きPOP
どんぶりの手書きPOP
椿油の手書きPOP
椿油の手書きPOP

 

アイスクリームの手書きPOP
豆腐の手書きPOP
せんべいの手書きPOP
せんべいの手書きPOP

 

っと、このような感じになっています。

2時間から3時間で、このような手書きPOPが書ける。
大きな進化ですよね。

きっと、今回の受講者の方の中からも成果を上げられる方が出て来るでしょう。
楽しみです。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。