伝わるブラックボードが書ける3ステップ。その2.「お客を惹きこむメッセージ」

 

伝わるブラックボードが書ける3ステップ。
昨日に続いて、今日はステップ2です。

ちなみに前回のおさらいを簡単にしておくと。

ステップ1でおこなうのは、お客さまの固定観念を覆すこと。
専門家であるあなたの視点から、お客さまに新たな気付きを与えてあげる。
そして、あなたのお店に興味を持ってもらう。

その導入部分。キャッチコピーのつくり方でした。

詳しくは、こちらをご覧ください。

伝わるブラックボードが書ける3ステップ。その1.驚きと興味を与えるキャッチコピー

 

つづいてステップ2では、「お客を惹きこむメッセージ」を考えます。

ステップ1で、お客さまの感情を刺激。
興味を引き出した。
さらに、そのお客さまの気持ちを盛り上げる。
惹きこみ、店内へはいってもらう流れをつくります。

では、具体的にみていきましょう。

ステップ2.お客を惹きこむメッセージのつくり方

ステップ2でおこなう事は、ただ1つ。
「理由」を伝えることです。

ステップ1でつくったキャッチコピーで、お客さまの固定観念を覆しましたよね。
専門家のあなたにしか知らない情報伝えることで、お客さまに新たな気付きを与えた。

その裏付け。証明をしてあげるのです。

キャッチコピーで言ったことは、嘘じゃないですよ。
本当のことですよ、と伝える部分です。

では、前回同様、事例を交えてみていきましょう。

ここでは、前回同様「手書きPOP」を題材としますね。
前回、手書きPOPを商品と想定してつくったキャッチコピーは、

ご存知ですか?

かわいい字やイラストが書けなくても、売れるPOPは書けるんですよ。

でした。

手書きPOPに興味はあるけど、字に自信がない見込み客。
そんな方が抱く「手書きPOPは、かわいい字やイラストが描けないとダメ」
その固定観念を覆しました。

っで、今回まず考えるのは、このキャッチコピーを読んだお客さまは、どんな気持ちになっているか?です。

  • 手書きPOPに興味がある
  • だけど、字に自信がない
  • 手書きPOPをやってみたいけど、抵抗を感じている

そんな見込み客が、上記キャッチコピーを見たら、、どう感じるか?

  • 「エッ?」
  • 「かわいい字が書けなくても、売れるPOPは書けるの?」

もしかしたら、こんな感情を抱いているかもしれません。

理由を伝えて、証明をする

そんな見込み客に、しっかりと理由を伝えます。

  • いま言っていることは、嘘じゃないよ
  • 本当のことだよ
  • 専門家だから、知っている事実だよ

ということを証明してあげるのです。

例えば、手書きPOPの場合であれば、

実は、手書きPOPには、2つのタイプがあるんです。

「魅せるPOP」と「売るPOP」。

もしも、あなたが売るためのPOPを書きたいのなら、かわいい字はなく別の仕掛けが必要です。

っと、こんな感じで伝えます。

キャッチコピーで伝えた内容。
(売れるPOPには、かわいい字もイラストも必要ない)

どうして、そんなことが言えるのか?
その理由を簡単に説明しています。(POPには、魅せるPOPと売るPOP2タイプあるのですよ、と)

メッセージを考えるヒントは、

このステップ2を考えるうえで、1つポイントがあります。
理由を伝えるメッセージを考えるヒント。

それは、「実は、、、」の後につづく文章を考えるのです。

ご存知ですか?

かわいい字やイラストが書けなくても、売れるPOPは書けるんですよ。

実は、手書きPOPには、2つのタイプがあるんです。

、、、

先ほどの例を見ると、実は、、、の後に文章が続いていますよね。
さらに、意味合い的にもおかしくないですよね。
筋が通ったメッセージになっているはずです。

そう、ステップ2のポイントは、「実は、、」につづく、あなたが知っている事実を伝えてあげるのです。

前回同様、例を挙げてみると、

  1. ご存知ですか?
    納豆を食べすぎると、女性ホルモンが増えて●●になるんですよ。
    実は、納豆に大量に含まれる●●●という成分には、、、
  2. ご存知ですか?
    朝1番に冷たい水を身体に悪い、というのはデタラメなんですよ。
    実は、朝起きてすぐに冷たい水を飲むと、腸内洗浄の効果があります。
    サプリメントを飲むことなく、、、

といった感じです。(※ここで挙げた内容は、あくまでも僕が考えた例ですからね)
特に、意味合い的にヘンな感じしないですよね?

そして、今回のステップ2でつくった内容が、ブラックボードのメッセージ部分になります。

ステップ1でつくったキャッチコピーで、お客さまの感情を刺激。
専門家は知っているけど、お客さまは知らない情報を伝えてあげる。

そして、ステップ2で、その証明。
理由をきちんと伝えて、信頼を得る。
そのメッセージとなります。

キャッチコピーで「えっ?」となったお客さまの感情を、「へー、そうなんだ」と納得させてあげる。
そして、さらにもっと知りたい。
お客さまを惹きこむ役割を持った、メッセージになってきます。

…以上、これでステップ1と2が終わりました。
「伝わるブラックボード」のキャッチコピーとメッセージのつくり方でした。

伝わるブラックボードが書ける3ステップ。その3.「道筋」を示す

2017.01.13

伝わるブラックボードが書ける3ステップ。その1.驚きと興味を与えるキャッチコピー

2017.01.11

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。