本部から送られる販促物は、成果が出にくい?

フランチャイズやチェーン店舗だと、

本部から販促物が支給されてきます。

「今月は、このチラシ、500枚」

とかいう感じで、本部でつくられたチラシが送られてきます。

実はこれ、なかなか成果が出にくかったりするんです。

以前、ディーラーの方から、

「毎回チラシ送られてくるんですけど

 他のやり方で販促物つくりたいんですよねー」

って、ご相談を受けたことがあります。

たまに、新聞折込みに入ってくるでしょ。

もう、完全フルカラーで、車の写真とかめっちゃキレイなチラシ。

あれは、本部で作られて支給されるモノです。

…酒屋さんや治療院関係の方からも、同じようなご相談を受けたことがあります。

昨日、「人間味あふれる」販促物。

それが、お客さんの心に響く。

そんな話をしました。

本部から支給される販促物、その多くが真逆。

(僕が知っている限りね)

チラシに限らず、POPもそうだしね。

化粧品店やドラッグストアなどに並べられている、キレイなPOPなんかもそう。

見た目的には、ものすごくキレイだけど、、、

目に留まります?

響きます?

(僕、男なんでエラそうに判断できないですけどね)

でも、ある意味、風景と化してしまっている

そんな気がするんだけど。

POPやチラシがお客さんの目に留まらない、読まれない、

その原因は、

「目に留まるキャッチコピーがないから、、、」

「文章が長いから、、、」

とかの問題じゃないです。

販促物に「人間味」が溢れていない。

そこに原因がある場合が多いですよ。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です