お客さんに響く情報発信って?

情報発信の仕方次第で

振り向かれたり、振り向かれなかったり、、、

今って、そんな時代ですよね。

・・・POPにしても、チラシにしても、

メッセージの伝え方で、受け取られ方って随分変わってきます。

ありきたりな情報発信をしていると、振り向いてもらえなくなります。

 

「ココから発信される情報は大したモノじゃない」

という意識を潜在的に相手に与えてしまいます。

結果、誰も振り向いて(読んで)くれなくなるのです。
例えば、冒頭のCDジャケット、

これは、以前に発売されたBON JOVIの最新アルバムです。

 

僕は音楽好き、ロック好き、というタイプの人間でもないのですが、唯一アルバムをすべて持っている。

そのアーティストが、BON JOVIなんですね。

(家にあるアルバムCDは、もう10数枚以上になっているはず)

初めて買ったのはいつ頃だったのかなぁ。

 

「BON JOVIが好きなんですよね」なんて言うと

超メジャーバンドなので、

「いやいや今さらそれは・・・」みたいな感じでとられちゃったりするのかな

と思うんですけどね(笑)

でも、やっぱりイイですよね。聞いていると、心の底から勇気が湧いてきます。

ちょっと勇気のいるタスクをする時に自分自身を奮い立たせるテーマソングの1つです。

・・・と、僕から情報を発信すると、こんな感じ。
『2009年「ザ・サークル」以来約4年ぶりとなる

 通算12作目のオリジナル・アルバム「ホワット・アバウト・ナウ」 』

という情報を、臼井浩二の切り口で発信したわけなのですよね。

冒頭の説明は。
・・・要は何を言いたいのか?というと、、、

ごく、どこにでも流れているような情報をそのまま伝えても

相手には受け取られない、ということです。

 

自分なりの切り口で伝える必要があるのです。

あなたなりの編集を加えることで、

「どこにでもある情報」が「特別な情報」となって相手に響くのです。

お客さんが欲しいのは、どこのお店でも手に入る情報じゃなくて特別な情報です。

その特別な情報を手にするための1つの方法が

「あなた視点で情報を編集する」ことです。

 

特別な情報を発信することで、「どこのお店でも売られているモノ」が「特別なモノ」になることだって実現します。

(この話はまたの機会にお伝えしますね)

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。