社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

初心者でもデキる、手書きPOPのつくり方ステップ

「手書きPOPに興味があっても
どう書いたらイイのか分からない」

そういう方も多いと思います。

今日はそんな方のために
カンタンな手書きPOPのつくり方をお伝えします。

ほんと、初心者の方でも書けるつくり方です。

安心してご覧になってみてください。

初心者の方へ:手書きPOPのつくり方ステップ

じゃあ、初心者の方向けの手書きPOPの
つくり方を順にシンプルに説明していきますね。

1.台紙を用意

どんな紙でもOKです。

色付きが良ければ、それでもOKだし
シンプルに白が良いならそれを用意しましょう。

注意するのは、サイズです。

「売場のどこにPOPを置くのか?」

を想定しながら、

「どれくらいのPOPの大きさにするか?」

事前にサイズだけ考えておきましょう。

2.売りたい商品を決める

あなたが売りたい、これから手書きPOPに
書いていきたい商品を決めます。

ありますよね、

これ、売りたいっていう商品やサービスが。

会社や上司から言われている
今月のオススメでも結構ですし、

「あなたが気に入っている商品」であれば
なおさら、あなたの気持ちもこもりやすいので
できれば理想です。

その商品を選んでみましょう。

3.レイアウトを決める(台紙のコーナー化)

手書きPOPの台紙のなかに書く
各項目を考えていきます。

例えば、

  • キャッチコピー(お客さんの目に留めるタイトルの部分)
  • 商品名
  • 商品説明文
  • 量目(●g、●●ml、●●分 etc)
  • 価格…など

こんな感じで、あなたがその商品を説明する上で
伝えた方がいいな、と思うことを
台紙に落とし込んでいく作業です。

手書きPOPのレイアウト例の1つ

手書きPOPのレイアウト例の1つ(もの凄く雑ですが…)

4.各項目(コーナー)へ書き込み

先ほど、3.の作業でコーナー分けした
各項目を埋めていきます。

商品名はコレ(選びましたよね)、
価格はいくら、
説明文はこんな感じ、、、

キャッチコピーは、こんな事を書いて、、
みたいな感じで各項目を書いていきます。

※「各項目にどんなことを書けばいいのか?」
の説明をすると長くなるので、今回は省略いたしますね。

詳しく勉強したければ、こちらの書籍がオススメです

売れるPOPテキスト

クリックすると詳細をご覧いただけます

5.売場に設置

必要に応じてラミネートしたりしながら
完成した手書きPOPを売場に配置します。

…以上、簡潔にいうと、こんな感じで手書きPOPを作れます。

「シンプルに説明し過ぎだろう?」

っていう感もありますが…(笑)

今日ご説明したステップの中でのポイントは
「3.レイアウトを決める(台紙のコーナー化)」です。

コーナー分けしておくことで
それぞれに書く項目を整理できる。

ただ漠然と「何を書こう?」って考えるだけじゃなく
頭が整理されて、考えやすくなるんです。

頭で考えていてもなかなか前へ進まないので
まずは一度書いてみる。

恥ずかしさを乗り越え、トライしてみてくださいね!

応援しています。