商品情報ばかり伝えるんじゃなく

商品情報だけを伝えていても選ばれない、、、

そんな時代になりました。

じゃあ、どんなメッセージを発信すれば、選ばれるのか?

僕が販促サポートで関わらせていただいているお店では、あるツールが盛んです。

”POPレター”っていう販促ツール。

【ニュースレター】に【POP】の要素をミックスさせた販促物なんですね。

最近、このPOPレターを実践されるお店が多いんです。

 

ある酒屋さんでは、生まれて初めて(おそらく^^)作られたPOPレター創刊号を配られた。

ポスティングの要素を組み入れながら、お客さんへ配布された。

…すると、50枚配布して3件の反響があった。

分母が少ないんで、何とも言えない数字ですが。

反応率から言えば、すごい立派です。

(さらに、今まで顔見たことのない人も来店されてた、、、

 って、店主さんおっしゃってたんで、実際には反応率もう少し高いと思います)

 

・・・今までって、他所との違いを出すために、モノ情報を一生懸命出していた。

そう思うんですね。

「うちのは、こんなにこだわって作っている。

 だから、中身も他所のより優れてる。

 だから買ってよね!」

こんな感じで、商品の良さをアピールしようと、モノに焦点を当てていた。

そして、情報発信をしていたと思うんです。

 

だけど、今って、どこのお店の商品も優れているじゃないですか。

しかも、大概の商品はどこのお店でも手に入る。

ちょっと車で郊外のショッピングモールへ行けば、大概のモノは揃う。

そんな時代じゃないですか。

なので、

①モノに関する情報を出す

②モノを気に入ってもらう

③自店で購入してもらう

・・・っていう流れには中々なりづらくって、、、

①モノに関する情報を出す

②モノを気に入ってもらう

③価格の安い、品揃えの豊富なお店で購入

こんなお客さんの動きになっちゃうケースが多い。

そう思うんですね。

モノの情報だけを出していると、、、。

 

だから、販促物で伝えるメッセージも気を付けなきゃイケない。

POPにしても、チラシにしても、レターにしても、、、

モノの情報ばかり伝えるんじゃなくてね。

たとえ、他店で同じ商品が売られていたとしても、自分のお店で購入してもらえる。

そんな風になるように仕掛けないとね。

・・・モノの情報だけを伝えていては、選んでもらえない。

そんな状況がじゃんじゃん起こると思います。

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です