キャッチコピーがなかなか思い浮かばないときにつかってみたい方法

 

今日はキャッチコピーを考えるときのヒントについてお伝えします。

特別、コピーライターのようなスキルがなくても考えられる方法です。

僕自身もよくつかっています。

 

淡路島で食べたアイスクリーム「G・エルム」さんの前で

淡路島で食べたアイスクリーム「G・エルム」さんの前で

 

キャッチコピー2つのタイプ

キャッチコピーを大まかに分けると、

  1. 「インパクトのある言葉で釘づけタイプ」
  2. 「メッセージ要約タイプ」

2つに分かれます。

 

1.を分かりやすく喩えるなら、雑誌の見出しですね。

例えば、

  • スクープ! 新国立競技場「五輪後は巨人の本拠地」マルチ計画極秘進行中
  • 総力取材! 凶悪6大事件「人殺したち」と「現地」のいま
  • プロ野球ベンチ裏トラブル発生中!
  • 2015年上半期熱愛カップル大物9組未公開の現場写真!

こんな感じ。

これらは、「FRIDAY」8/21号のタイトルの抜きだしです。

なんだかよく分からないけど、見ただけで強烈な印象を与えますよね(笑)

 

これらは強烈なインパクトを与えるメリットがある反面、デメリットもあって。。

素人が考えるのはなかなか難しい。

多くの方が憧れるんだけど、一歩間違うとものすごく胡散くさいキャッチコピーになってしまいます。

かくいう僕自身、何度もイタイ目に遭ってきました(笑)

 

でね、1.のキャッチコピーが難しい方にオススメなのが、2.の「メッセージ要約」の方法です。

やり方はカンタン。

手書きPOPにしても、チラシにしても中身をつくった後にキャッチコピーを考えるのです。

 

1.まず、メッセージを考える。

2.そのメッセージを読み返す。

  • あなた自身が一番伝えたいコト
  • ここが響くかな という所に目星をつける。

3.要約して、キャッチコピーにする。

 

ポイントは、メッセージを作り終えた後にキャッチコピーをつくること。

ここにあります。

先につくるんじゃなくて、後。

要は、メッセージの要約がキャッチコピーになっているイメージですね。

 

僕自身もキャッチコピーを考えるの得意じゃないんで、この方法をよくやっていますよ。

読み手の方もキャッチコピーを見ただけでどんな内容なのか?分かる。

ヘンに頭を捻って、時間をかけて胡散くさいのがデキあがるくらいなら、こっちを僕はおすすめします。

・・・というわけで、今日のブログのタイトルは??

(今からメッセージを読み返して、要約して付けてみます)

 

 

 

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。