そこで、まさか親子丼がくるか!?

店頭ボードって、今流行っていますよね?

ブラックボードともいう、アレです。

カフェなんかでも、よくお店の前に置かれている。

 

あのボード、大抵の場合、

メニューが書かれている。

果たして、その活用の仕方でいいのだろうか?

こんなメッセージを書いた方が、新規集客につながるんじゃないか?

そんな記事です。

 

あるお昼、友人Aさんは昼食にと
仕出し・割烹のお店に連れて行ってもらった。

そこで友人Aさんは、このお店に連れて行ってくれた方に聞きました。

「このお店のオススメは何ですか?」

すると、同行人は、答えました。

「親子丼ですね。親子丼が美味しくてお勧めですよ」
   ・
   ・
   ・
「親子丼???」

そこで、思わず絶句するAさん。

話はココで終わりなんです。

小さなお店に価格以外の価値を生み出す「手書き販促術」
セミナー参加者のご感想
あまり関係ないですが
あなたは、【割烹・仕出しのお店】=【親子丼】って連想できますか?

僕はできないです。
割烹のお店に行ったら、懐石料理とか季節料理のイメージです。

そこで、まさか親子丼がくるか!?というような感じです。

僕がこの話で何が伝えたいのか?というと
人気の、おススメのモノがあるのなら伝えなきゃ、伝わらないというコトです。

割烹・仕出しのお店で、親子丼を出すのがオカシイという話でなくて
お店で親子丼が人気メニューになるのもOKだと思うんです。

ただ、親子丼が人気メニューなのだとしたら、
そのことをお店側は、お客さんに伝えなきゃイケませんよね。

うちは、親子丼がオススメ・人気メニューです、と。

【割烹・仕出しのお店】=【親子丼】
なんてイメージは、お客さんは持てないのだから・・・。

だけど、そのお店はそんなコトを1つも伝えていなかったそうです。
看板にしろ、店前のボードにしろ。

果たしてそれで、一体どれくらいの数のお客さんが
お店のピカイチメニューの親子丼を注文するのかな?って。

もちろん、知る人ぞ知る、人気の隠れメニューでもイイと思います。
でも、それでは、注文量は増えないですよね。

もしも、注文数を増やしたいのなら、お客さんに伝えなきゃ、ですよね。

やっぱり、伝えてナンボですよね。
意外と出来ていないお店って、多いのかもしれませんね。
「伝える」という部分が。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です