どのタイミングで販促物を見てもらうのか?設置場所だってカギになる

 

今日は、販促物の設置場所の話です。

あなたが創られた販促物。

それをどこに置くか?

そして、どのタイミングでお客さんに見てもらうか?

ココを意識するかしないかで、反響は大きく変わってくるよ。

という話です。

 

 

生まれた初めての雪そり遊び~先週末娘と一緒に

生まれた初めての雪そり遊び~先週末娘と一緒に~楽しい思い出になりました

 

 

お客さんは目的を持ってお店に来ている

スーパーにしても、美容院にしても、お客さんは目的を持ってお店に来店していますよね。

 

何かを買うため、、、なのか。

何かのサービスを受けるため、、、なのか。

何かをするために、あなたのお店に来店していますよね。

 

美容室なら、髪をカットしてもらうために。

歯医者さんなら、歯の治療をしてもらうために。

スーパーなら、今晩の晩ご飯のおかずを買うために。

何かの目的があって、来店しているわけですよね。

・・・これって、間違っていないですよね。

 

っで、ここでね、話をお客さんのその目的にフォーカスしてみます。

歯医者さんへ行ったら、まず行うこと

例えば、あなたが今日これから歯医者へ行くとして。

 

歯医者さんへ着きました。

駐車場に車を停めました。

そして、ドアを開けて中に入りました。

まず、最初にするのは何か?

というと、受付に診察券を渡すこと。

・・・ですよね?

(初診なら、保険証を渡して、問診票などを書く、、感じ)

 

診察券を渡したら次にするのは、呼ばれるまで待合室に腰かけて順番を待つ。

こんな感じじゃないでしょうか。

 

そして、名前を呼ばれたら、治療を受けに行く。

治療を受けて、待合室へ戻ってくる。

診察料を払って、出て行く。

 

1.駐車場に車を停める

2.歯医者へ入る

3.診察券を渡す

4.待合室で順番を待つ

5.呼ばれる

6.治療

7.待合室へ戻ってくる

8.治療費を払う

9.出て行く

 

こんな感じですよね。 

これが歯医者へ行った時のあなたが行う一連の動きの流れ。

っで、この動きに合わせて、次は感情面(気持ち)の部分をみてみると、、、。

 患者さんが1番落ち着くのは、どのタイミングか?

歯医者へ来ているあなたの目的は、もちろん歯を治療してもらうことです。

なので、気持ち的には、歯の治療が終わるまでは落ちつかない。

先生に診てもらって、待合室に戻ってくる。

そこで、ようやくホッとする。

そんな感じじゃないかな、と。

 

言ってみれば、診察が終わって、診察代を払うまでの時間。

そのチョットした待ち時間が、1番心落ちついた時間じゃないかと思うんです。

 

【7.待合室へ戻ってくる】

 ↓

【8.治療費を払う】

この時間です。

ここが気持ち的にも余裕があって、落ちついた時間。

 

逆に言うと、コレ以外の時間。

例えば、

1.駐車場に車を停める

2.歯医者へ入る

3.診察券を渡す

4.待合室で順番を待つ

5.呼ばれる

6.治療

 

ココまでの時間というのは、患者さんにすれば、心落ち着いていない。

内心そわそわの時間だと思うんです。

「虫歯、ひどいのかなぁ。

 抜かなきゃイケなかったら、どうしよう。。」

って、いろいろ心配したりしながらね。

 

では、これらを踏まえた上で考えていくと。

ここからが、販促物を活用するうえで重要なポイントです。

どのタイミングで販促物を見てもらうと、読まれやすいのだろう?

【1.駐車場に車を停める】

【6.治療】

この時間は、患者さんもそわそわ時間。

 

一方、

【7.待合室へ戻ってくる】

 ↓

【8.治療費を払う】

この時間は、目的も終えて、患者さんも落ち着いた時間。

と仮定してみれば、、、どのタイミングで販促物を見てもらうのがイイのだろう?

 

どの時間が読んでもらいやすいのだろう?

そして、読んだ後、患者さんの心に入っていきやすいのだろう?

 

 

少しまわりくどい書き方になっちゃいましたが。

販促物を見てもらうタイミングって、重要です。

お客さんというのは、何らかの目的をもって来店しています。

そして、その目的を達成するまでは意外と寄り道をしない。

販促物を見せられても、目に留まらない。

見ても、心に残らない。

そういうことです。

 

極端に言うと、歯が痛くて来院している患者さんにいくら話しかけても、耳に入らない。

そういうことです。

歯を治療してもらって初めて、他の話が耳に入る状態になる。

 

ある調べでは、ファーストフード店やスーパーのデリコーナーにいたるメニューボード。

お客さんが見ていた時間の61%は、オーダーした後らしい。

 

 

いずれにしても、手書きPOPやチラシにおいて、、、設置場所がカギになってくる。

書いてあることが全く同じ手書きPOPでも、置く場所。

お客さんに見てもらうタイミング次第で、成果ってガラッと変わってきます。

置く場所(=見られるタイミング)を間違えると、成果は上がりにくくなってくる。

歯医者さんを例にとって伝えてみましたけど、あなたの業種にも当てはまることないでしょうか。

 

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。