「編集後記」をうまく使う①【お口直し効果】

 

ニュースレターなどによく使われている「編集後記」。

誌面の最後で締めくくられる、あのコーナーです。

 

実はココって、紙面の中でも結構大事な役割を担っているということをご存知でした?

活用の仕方次第で大きな効果をもたらすのですよ。

 

scan

 

編集後記をうまく活用できると、どんな効果が見込めるのか?

簡潔に言うと、

1、お口直し効果

2、告知効果

3、つなぎ効果

この3つがあります。

 

このうちの1つ、「お口直し効果」はどんなモノか?

読み終えた方が、「後味良く終わる・・・」そんな効果です。

 

ニュースレターの最後に来る、「編集後記」の内容を雰囲気よくできれば、紙面全体の印象も良く感じるというわけですね。

 

例えば、紙面の中で商品のことをチョット宣伝しちゃった・・・

なんていう場合も親しみを感じる編集後記をつくることで、ニュースレターの印象も悪くならない。。

(商品を宣伝することが悪いわけではないのですが)

 

人によっては、初めと最後はじっくり読むけれど真ん中あたりはサラッと済ます。

そういう方もいらっしゃいますしね。

 

あと、人柄もよく伝わります。

書き手はササッと何となく書いているつもりだけれど、人柄を感じられる部分でもあったりします。

いやぁ、最後だからって、手を抜けませんね。

 

ニュースレターを書かれているのなら最後まで気を抜かず、編集後記をうまく使って、後味よく読み終えてもらいましょう。

 

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。