最近、ちょっと感動した話。。あるイベントで起きたこと。

 

先週、家族である商店街のイベントに参加したときの話です。

 

顔見知りのある方とバッタリと出会いました。

僕と年齢がほぼ変わらない、大工さんです(Kさんとします)。

子ども向けに体験レクリエーションを出店されていたんですね。

 

ひな祭りのイベントでした

ひな祭りのイベントでした

チラッと見えた「1枚の紙」

うちの娘も例にもれず体験好きなので、お世話になることに。

「何秒で釘が打てるか?」

っていう、釘打ちにチャンレンジさせてもらいました。

 

娘がカンカンやってる最中、僕は横で待ってたんですね。

すると、1枚の紙が僕の目に、、、。

あんまりジィーッと見るとイヤらしいので、何気なく遠目からチラッと見てみた。

文章が書かれてて、写真とかも貼られている感じでした。

 

「…ふーん」

という感じで見ていると、ちょうど娘の釘打ちも終了。

大工のKさんが僕に話しかけて来られました。

 

「臼井さん、僕も書いたんですよ。

 自分なりになんで、ちょっとアレかもしれないんですが、、、」

 

先ほど僕がチラッと見させてもらったあの紙でした。

Sさんは少し恥ずかしそうに、そしてトレードマークでもある笑顔でその紙を見せてくださいました。

 

「釘打ち」にチャレンジさせてもらう娘

「釘打ち」にチャレンジさせてもらう娘

「酔った席やけど、よく言うなー」

実は、その大工Kさんとは昨年末にお会いしていました。

地元の店主や社長さんが15人くらい集まった、忘年会の席でご一緒していたんです。

 

…実はこの忘年会もちょっと変わっていて、、、

僕と一緒にニュースレターを作られた方ばかりが集まられていた会だったんです。

そこで、先ほどKさんが見せてくださった「1枚の紙」のキッカケとなる、

ある出来事が起きていました。

 

Kさんと同業のMさんという方も、その忘年会にいらっしゃっていて、

K君もコレやりやー。

これやって、うちもお客さんに仕事を紹介してもらえたからー。

絶対やった方がええでー。

みたいな感じで、半分酔いもありつつKさんにニュースレターを勧められていたんです。

 

実はその背景には、その社長Mさんは発行し出したばかりのニュースレターを通じて、仕事を受注されていた。

だから、Kさんにもニュースレターを勧められていた。

 

「酔った席やけど、よう言うなー」

ぐらいにしか、僕は思ってなかったです。

そして、そのデキゴト自体も僕の記憶の中ではそのまま流れてました。

 

そこで、今回のイベントでKさんから見せていただいた「1枚の紙」です。

 

Kさんは、あのことをしっかりと憶えていらっしゃった。

酔っぱらって言ったM社長の発言を受け止めていらっしゃった。

そして、ご自身で1枚のニュースレターを製作、発行されていらっしゃいました。

いっそう僕のなかで輝いている

「やってみた方が良いよ」

そんなアドバイスって、周りから結構もらいますよね。

 

だけど、そのいただいたアドバイスをそのままスルー、、、

ってこと、意外と多くないですか?

少なくとも僕の場合は、圧倒的にそっちが多いです。

軽く流しちゃうというか。。

 

でもね、Kさんはそうじゃなかった。

しっかりと実践されていた。

しかも、ご自身で。

 

なーんかね、、、何がどう?

というわけじゃないんだけど、こう、心の中が正されたというか。

こうして飲み会の席だったとはいえ、どなたかが良いと言ったこと。

実践されて成果を出されたこと。

それをキチッと心にしまいこまれて、ご自身で試される。

少しピリッと背筋が伸びた感じでした。

 

ますますKさんの笑顔が、さらにいっそう僕のなかで輝いています。

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。