社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

商品をおすすめしたり、販売する上で一番大切なこと。

「名物は、自分たちで作るもの」

ある先輩がおっしゃっていた言葉です。

どんな優れた、素晴らしい商品であっても、

「最終的には、自分たちが
名物に育てなきゃいけない」

そんなニュアンスで話されていたんです。

このお話を聞いて言葉は違えど
すごく自信をもらったんです。

こんな体験ないですか?

お店の意志が伝わらないと、お客さまは買ってくれない。

よくここでもお話しさせてもらっています。

商品をお勧めする、販売する場面において、

「こちらの意志をいかに伝えられるか?」

かなり重要で、

意志を感じることで、相手は興味を持ちますし
行動してくれやすくなります。

例えば、近所のスーパーでも
ショッピングモールでもいいです。

お店に入った途端、思わず
吸い寄せられるように商品に近づいたり
売場に近づいたこと、ないですか?

「何売ってんねやろう?」

「なんか変わったもの売ってるんやろか?」

自分はよくありますし
妻と娘が吸い寄せらるのを見るたび、

「アカン、アカン、要らんもん買わんでええで」

腕を引っ張りそうになるのですが。

お店の狙い通り

  1. お店の入口の目立つところに、
  2. お客さまの興味の持ちそうな商品を置いて、
  3. 足を止める

あれって、お店側からすれば狙い通りですよね。

全国に何百店舗もあるチェーンストアなどでは、

「いかにお客さまの動きをコントロールするか?」

最大目的として、売場をつくるといいます。

強いお店や人気店は例外なく
お店に入った瞬間、

「何がおすすめなのか?」
「何を買えばいいのか?」

が伝わってきます。

「今週はこの商品を重点的におすすめしよう」
「今月はこのサービスをお店全体として紹介してこう」

まず、自分たちの意志を明確にし
(統一し)、接客や売場や販促に反映させていく。

そうすることで、結果を意識します。

意識すれば、数字は動きます

名物は、自分たちで作るもの。

  1. 意志を持つ
  2. 意志を伝える

ここに正解も不正解もありません。

意志を持って動くことで、結果は変わり始めます。

伝えなければ、何も変わりません。

販売においても、
あなたの意志を伝えることが先決です。

意志のないおすすめに心は動きません。

※追伸:仲間が増えています

課題をこなし、添削を受けながら
体系的にスキルアップを目指しています↓

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。