社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

怖くて売り込めないのですが…どうすればいいですか?

「怖くて売り込めない、、」

「商品説明をした途端、お客さまの顔を見れない、、」

「悪いことをしている気がして引けてしまう、、」

売り込みについてのご相談をよくいただきます。

ご商売をしていたり、販売やサービス業の
お仕事であれば、セールスは切っても切れない話です。

セールスに抵抗感があれば
その気持ちを整理しない限り、先には進みづらい。

ずっと今の違和感を感じたままでは
モノは売れないし、お客さまに喜んでいただくことも
難しいと思うのです。

売り込みができない…

この「売り込み」の言葉が出ると
ある2つの話を思い出します。

1つ目は、以前、縁をいただいた
ある卸会社の2代目さんの話です。

「営業で得意先をまわっているけど
うまく商品提案できない」

「チラシとかパンフレットをつくれば
提案できるようになるでしょうか」

みたいな話を2代目から相談されたのです。

さらに、詳しく話を聞くと
ある違和感が芽生えました。

そして確認するため質問したのです。

「好きな商品って、何ですか?」

「会社の商品で○○さんが
お気に入りの商品って、どれですか?」

おき聞したんです。

すると、

「いやー、好きな商品ないんです…」

2代目が発した言葉に全てが物語られていました。

厳しい言い方に聞こえるかも
しれないのですが、

「お客さまに提供する商品に
自分が好きなものが一切ない」

このような状態で営業ができるわけがない、
そう思うんです。

さらにもう1つの話。

以前、保険セールスの代理店の方から聞き
今でも忘れない話があります。

「成績トップのセールスマンは
一体、他の人と何が違うのですか?」

そう聞くと、

「成績が優秀な人は、お客さまに断られても
何度も提案しに行く」

「その理由は、その商品が
お客さまにとって絶対に為になる、そう理解しているから…」

とおっしゃっていました。

トップセールスマンの感覚の違い

商品を売り込む、
(そもそもこの言葉自体が悪いのですが)

商品を販売するのは、お客さまのため、
ですよね?

  • お客さまが抱える悩み
  • お客さま求める未来

を解決・実現するために商品を提供するわけです。

【現在】⇒【商品】⇒【未来】

のぞむ未来へ連れていく手段が商品のイメージです。

仮に、あなたがお客さまの
病気を治す薬を持っている。

なのに、それを教えない。紹介しない、、、

ちょっと考えづらくないですか?

極論ではありますが、

「この商品を提供することでお客さまをHAPPYにできる」

この気持ちがあれば商品を紹介しづらい、、

商品紹介をネガティブにとらえる
気持ちは和らぐと思うのです。

「売り込みができない、、、」

この問題を解決する方法は、

  1. 【売り込み⇒紹介】:そもそも使う言葉を変えてみる。
  2. 商品をもっと知る
  3. お客さまをもっと知る

商品がお客さまをHAPPYにする、

実感できれば商品のことを話したくなりますし
使って欲しくなると思うのです。
(綺麗ごとに聞こえますが…)

そのためにも、

「どう役に立つのか?」

商品のこと、お客さまのこと
知れば知るほど、提案への恐怖心は
和らぐと思います。

商品に対しての絶対的な自信と覚悟があれば、

「売り込み」

という言葉も使わなくなります。

商品はお客さまを助けるモノ、

このイメージを持てるのではないでしょうか。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。