会員さんが結果を残す、相手に興味を持ってもらうために必要不可欠な『伝え方』とは

リアル店舗が業績アップを狙う上で
必要不可欠なツールが存在します。

ある3つのツールです。

このツールを順に実践することで
お店に好循環の波が生まれ
業績アップが実現します。

まず、そのステップ1のツールが
あなたもご存知のPOPです。

私自身、30歳の頃働いていた
大阪の産直店でPOPを使い
年商1億3千万円を売り上げることができました。

勿論、POP以外の
他の要因もありました。

ですが、全てのスタートは
やはりPOPでした。

POPをやっていなければ
ヘタをすれば、当時のお店は、

とっくに廃業していたかもしれません。

しかしPOPを実践したことで
売上は勿論、パートを募集すれば

「うちの娘も働かせて」

お客さまが順番待ちしてくれる。

あるいは自治体から取材が殺到する

ちょっと変わった存在として
生き残ることがなれました。

POPを実践すれば
今の時代を生き残る上で
必要不可欠な

『伝える力』が手に入ります

以前、ある方から

このようなメッセージが届きました。

「リアル店舗だけでなく、
ネット販売にも役立ちそうだと思って
参加を決めました。

秘技の伝授お願いします」

東京で開催したPOPセミナーの
参加者さんからいただいたメッセージです。

メッセージにもあるように
こちらの方はネット販売をされる方です。

「ネットとPOPがどう関係あるの?」

という感じかもしれませんが
実は、大いに関係ありなのです。

過去のPOPセミナーにも
ネット販売の方が参加されています。

POPにも様々あります。

私と一緒に学んでも
POP字とかイラストの書き方は
マスターできません。

(自分が書けないので教えられません)

ただ、

どんな話をすれば、

お客さまはあなたの話に
興味を持ってくれるのか?

お客さまに嫌がられず
商品をさりげなくアピールするには
何を伝えればいいか?

あなたの話を信用してもらい
お客さまに行動してもらうには
何を意識して話をすればいいのか?

これらを腑に落とせます。

リアル店舗であっても
ネット販売であっても
やることは同じです。

「いかにお客さまに
信頼してもらいながら
こちらの話を聞いてもらえるか?」

ここが肝だと思っています。

その伝え方をPOPを通じて学ぶ
イメージです。

POPは伝えるメッセージ量も
少ないです。

経費もかからないです。

なので、伝え方をマスターするには
持ってこいと言えるのです。

POPで伝え方を学んで
ネット販売に活かす。

チラシ集客に使う。

多くの会員さんが実践され
結果を残されている王道です。

特に私の場合はPOPを通じて

「自分の意見や思いを
自信を持って伝える」

方法を学ぶことができました。

自信を持って伝える。

これも相手に興味を持ってもらうために
必要不可欠な『伝え方』の極意
だと思います。

無料講座

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。