結果を掴む90%以上のお店が共通しておこなっていること

ここの所、

・2種類の集客法

についてお話ししています。

前回は、

会員さんがポスティングしていた
1枚のチラシから紹介が起きた。

無料で『マスコミ』に出演。

お店の宣伝、 10名の集客につながった

という話をお伝えしました。

そしてその動画の最後に、

「なぜ、たった1枚のチラシから
10名の集客に繋がる紹介が起きたのか?」

「従来のチラシとの決定的な違い」

を公開しました。

※前回のビデオ:
1枚のチラシが引き起こした奇跡とは…

実は、同じように取り組み、

結果を残される会員さんが続出しています。

その一方、

結果を掴めない
会員さんもいらっしゃいます。

これは臼井の反省点でもあるのですが、

従来のマーケティング法を
駆使したやり方では集客しづらく
なっていると感じています。

結果を残される会員さんの
ほぼ9割以上の方は
『ある』共通の手法で結果を残されています。

例えば、人口3千人の町で
ご家族経営の洋菓子店さん。

折り込みチラシを実践し
開業以来、第3位の売上を
叩き出されました。

また、ネットに押され廃業が相次ぐ
カメラの現像販売店さん。

人口1.7万人の地方の町で
お店を経営されている会員さんです。

チラシ、DMにある手法を取り入れると
わずか2か月で シーズン重点販売商品は売上147%。

店舗売上も117%。

数年ぶりの前年比超えに成功。

以降も前年比超えを継続中です。

ポイントは、

「商品を売らない」

ここに尽きます。

商品思考でご商売をされる限り
選ばれることは難しいです。

年々、ジリ貧に陥る可能性高いです。

周囲の会員さんを見る限り、

腑に落とされた方が
売上の上昇カーブを描かれています。

「こんなこと伝えて、どうなるんですか?」

「集客と関係ないんじゃないですか?」

正直、この事実を受け入れられない
お店さんがあるのも事実です。

従来のマーケティング手法を重視した
集客ではお客さまが集まらない。

考え方を180度シフトチェンジさせる
必要があると感じています。

まずは、従来学んできた
マーケティング手法を無視する。

まずは、

「商品を売るのではなく○○を売る」

この視点を腑に落とす。

従来のやり方を覆した
新しい考え方で集客した会員さんは
結果を残されています。

ということで明日は、

従来のマーケティング手法を無視。

ある取り組みを行い
結果を残された会員さんの事例を
ご紹介します。

ただ表面的な事例を聞くだけでなく

軸の部分を腑に落としておくことで
応用力が高まります。

明日公開する動画をご覧になる前に
事前に以下2本のビデオを
ご覧になっておいてくださいね。

○シリーズ1:
2種類の集客法と2種類のチラシ


○シリーズ2:
1枚のチラシが引き起こした偶然と奇跡…

ではまた明日お会いしましょう。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。