これを提供すればライバル不在になるお客が求めるあるモノとは…

マンガ喫茶って、ご存知ですか? 

つい先日、娘と一緒に行ってきました。 

ちょうど2人だったときに、 

父:「何する? 
マンガ喫茶行ってみる?」 

娘:「うん、言ってみる」 

提案はあっさり採用になりました。 

とはいえ、過去2回しか 
私も行ったことがありません。 

以前、仲間に教えてもらって 
気分転換と社会勉強のため 
行ったのがキッカケです。 

あともう1回は、出張の合間 
時間合わせに使ったことがあります。 

いずれにしても、かなり興奮しました。 

…なにが興奮したか? 

ちょっと他の人とは 
感覚がオカシイかもしれません。 

個人的には、 

【マンガ喫茶=スターバックス】 

みたいな感覚があります。 

ちなみにスタバへもよく娘と行きます。 

(単純に娘は、甘い飲み物が好き 
という理由だけだと思いますが…) 

感覚的にはホテルに近いです。 

ホテルって、限られた空間を 
満喫できるみたいなのが好きなんです。 

その感覚に、スタバも、 
マンガ喫茶もすごく似ている気がします。 

ちなみにマンガ喫茶は、 
1畳~2畳くらいの個別スペースに 
分かれています。 

椅子があったりソファがあったり 
お店によって違うと思いますが 
各スペースでマンガを読みます。 

ドリンクも飲み放題だったりします。 

先日、娘と2人でマンガ喫茶へ 
行った時は、靴を脱いであがる 
スペースだったんですけども、 

完全にくつろぎモード。 

イベント感を出すために 
事前にお菓子を買っていたので 
漫画読みながら食べましたし、 

2~3畳の限られたスペースでの 
ホテルを満喫していました。 

通常でいえば、漫画好きな方が 
『好きなマンガを読むため』に利用する 
のだと思います。 

ただ自分的には、そんなに 
漫画にハマっているわけじゃない。 

あの限られた空間で 
飲み食いしながら漫画を読める。 

その時間を満喫するのが 
好きなんだと思います。 

仮に、同じ漫画が家にもあって 

1:自宅で漫画を読む 
2:マンガ喫茶で読む 

どっちが楽しめそうか? 

というと、個人的には 
2番のマンガ喫茶を選ぶ気がします。 

突然話が変わりますが、 

私たちがおこなうビジネスは、 
すべて価値の『組み合わせ』 
だと思っています。 

組み合わせを理解することが 
業界で選ばれやすく、 
生き残りやすくなるカギだと思っています。 

マンガ喫茶: 

【漫画を楽しむ】+ 
【限られた時間・空間を楽しむ】 

スターバックス: 

【コーヒーを楽しむ】+ 
【時間と空間を楽しむ】 

個人的には、この2つから得る 
価値は非常に近いです。

・漫画が読める 
・コーヒーが飲める 

1つだけの価値の提供では 
選ばれるのは至難ですが、 

そこにプラスアルファ、 
お客さまが求める価値、 

もっと言えば、 

お客さまが求める『感情』を 
味合わせてあげるとライバルの競争から 
抜け出しやすくなると思っています。 

お客さまは、あなたの商品やお店を通じて 
どんな気持ちになりたいのでしょう? 

どんな価値(感情)を得たくて 
利用されているのでしょうか? 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。