【事例】ネットが苦手なカメラ店の会員さんが前年比を超えられた話

ネットが当たり前の今、

苦境に立たされている業界
お店さんは多いと思います。

ご縁をいただくカメラ店さんも
そのお一人です。

スマホで写真をとって
ネット上でデータを管理。

そもそも現像する機会が減りました。

わが家も娘の運動会とかの
写真を撮っても印刷することは
ほぼありません。

現像するとなっても
ネット上を探せば、
安いお店がバンバン見つかります。

値段勝負となっては到底敵いません。

地方でご家族経営をされる
カメラ店さん。

年賀状プリントの時期に
一緒にある取り組みを行いました。

地域のお客さまを取り込むため
ある『作戦』を決行しました。

結果、

年賀状プリントの売上は
前年147%。

店舗売上も117%。

数年ぶりの前年比超えに成功。

以降も前年比超えを継続中です。

ネットが当たり前になり
厳しい状況を迎える業界は
多いと思います。

今回のカメラ店さんの事例は
1つの参考になると思います。

「ネットが苦手でも、やれるんだ」

「地方の人口の少ない町でも
お客さまを集められるんだ」

「こんなやり方もあるんだ」

実際に会員さんがやられた事を
包み隠さず話させてもらいました。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。