集客シンプルに、3つのステップで取り組んだ結果、前年比147%達成した写真店さん

臼井です。集客って、シンプルです。

「集客って言うと難しい…」
「どうすれば良いか分からない…」

っていう方、多いと思うんです。自分もうまくいってない時は、たいてい頭がゴチャゴチャして考えてしまっています。

世の中には、次から次へと新しいノウハウや情報が出るので、

「こっちがいいのかな」
「こっちが向いてるのかな」

試したくなりますよね。でも…

集客ってシンプルです

最近セミナーでも、ずっとお伝えしているのですが、集客は『3つ』のステップに体系化できます。

3つの質問を順番に、自社(自分)に当てはめれば、実践アイデアが出てきます。勿論、考えるのに頭に汗をかかないといけません。

でも、そんなにハードルの高い作業じゃないし、実際、周囲の会員さんもこのやり方で取り組み、結果を出されています。

例えば、地方で写真店を営まれる50代の会員さん。お父様から大切なお店を引き継がれました。

ご想像するとお分かりのように、写真業界は逆境です。

押し寄せるオンライン化の波

つい先日も、娘が学校から写真を何枚か持ち帰ってきました。

イベントでどこかへ行った時の写真でした。学校にお金を払って頼んだのですが、その写真を3〜4日間、机の上に放置でした。

単純にわが家がズボラというのもあるのですが、写真を現像して、アルバムに閉じる。この習慣がほぼ無くなってしまいました。

あと現像する場合も、ネットサービスを使う方が増えていると思います。この辺りは印刷業界と同じだと思いますが、写真店さんにお願いするより、格安で現像ができるので。

そんな逆境のなか、会員さんは年間売上構成費の高い年賀状プリントサービスの売上を前年比147%。店舗全体売上も117%達成。

一緒にめちゃくちゃ喜ばせてもらいました。

前年比147%達成した『3ステップ』

この会員さんと取り組んだこと…

それが冒頭でお話しした、集客の3ステップです。

すごく簡単にいえば、

  1. 腹ペコ客は誰なのか?
  2. その人は、どこにいるのか?
    (どこに行けば会えるのか?)
  3. どうやってアプローチすればいいのか?

この3つを順に考え、実践していきました。

ちなみに『腹ペコ客』という言葉が初めて出ましたが、
腹ペコ客とは…

”あなたの商品をお金を払ってでも欲しいと思っている方”、です。

あなたの『腹ペコ客』は誰か?

まずステップ1:『腹ペコ客は誰なのか?』

会員さんに当てはめて考えました。そこで色々と過去の傾向などを調べたり、考えた結果出てきたのが、幼稚園や保育園、小学校に通うお子様のいるファミリー層でした。(詳しい話は長くなるので割愛します)

つづいて、ステップ2:『その人たちと会える場所は?」

考えるとすごく簡単でした。腹ペコ客と想定した、ファミリー層の親御さんは、お子さんの送り迎えをしていますよね。だから、時間を見計らって幼稚園や保育園に行けば、お会いできる。目から鱗でした。

最後、ステップ3:『どうやって腹ペコ客にアプローチするか?』

「…ウェブサイトをつくる?」
「…Facebookやインスタに投稿して見てもらう?」

色々とアイデアがあるかもしれません。
しかし、はっきり言って、それらは遠回りです。

お客さまとダイレクトにつながる方法は?

もっとダイレクトに、腹ペコ客に直にアプローチできる方法がありました。

あえて答えは言いませんので、思考のトレーニングもこめて考えてみてください。

これらを順に考え、出てきたアイデアを実践された結果、
業界的に逆境のなか、受注数前年比147%、店鋪売上117%を達成されました

ちなみに、社長さんに当時の話をインタビューさせていただきました。

人生初のチラシで年賀状受注150%達成

 

1〜2分の短い動画ですが、当時を振り返ってくださっています。

集客をシンプルに考える

まずは、集客を難しく考えすぎない。
体系化して考えること。

集客を体系化(ステップ化)できれば、再現性が高まります。

毎回、毎回新しいアイデアや方法を考えるのはしんどく、結果にムラが出やすいですが、

【体系化=仕組み化】

なので、体系化できれば、継続しやすく結果もほぼ安定してきます。

集客でいえば、

1:腹ペコ客は誰なのか?

2:その人は、どこにいるのか?
(どこに行けば会えるのか?)

3:どうやってアプローチすればいいのか?

この3つを抑えれば十分です。

実物チラシ無料で全公開

チラシ集客

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。