手書きPOPの工夫~居酒屋店での日替わりメニューはどうすれば?

居酒屋の日替わりおすすめメニューを工夫したいです

このようなメッセージをいただきました。

「手書きPOPの書き方7つの極意」
こちらをご覧になられた方からです。

うーん、そうですよね。。
飲食店さんでいえば、メニュー。
これがある意味、手書きPOPの役目になってきますよね。

僕自信も飲食店さんを利用させてもらうと、つい、仕事柄メニューなんかに目がいきます。
っで、
「このメニューをさらに売れるようにするには、どんな事したらいいんやろう?」
勝手に、考えたりしてしまいます(笑)

というわけで今日は、居酒屋店さんでの日替わりメニュー。
この書き方の工夫について、一緒にみていきましょう。

よくありがちなメニュー

まず、スタート地点として。
現状、よく居酒屋店さんで見かける日替わりメニューについて考えてみると。
多くの場合、メニューに書かれているのは、

  1. 商品(メニュー)名
  2. 価格

この2つが一般的じゃないでしょうか。
あと、たまに、

  • ひと言オススメのメッセージ

これが書かれている、
そんなお店さんが多いような気がします。

この現状を踏まえたうえで、工夫できること。
それはどんなことがあるのでしょう?

日替わりメニューでできる2つの工夫

日替わりメニューでの工夫。
大きく言うと、それは2つに分かれます。

  1. 魅せ方
  2. 伝え方

この2つです。

日替わりメニューの工夫1.「魅せ方」

たとえば、あなたもご覧になったことがあるのでは?
メニュー表が筆文字で書かれているお店さん。
居酒屋さんとかだとよくありますよね。

書かれている内容は、

  1. 商品(メニュー)名
  2. 価格

これだけなんだけど、筆文字で書かれている。
これによって、何だかみょうにメニューが粋に感じる。
お店の雰囲気も変わってくる。
そんなのって、ないでしょうか?

筆文字で書く、、、っていうと、
「私、字ヘタだから、無理!」
って、即座に拒否反応を示されるかもしれませんが、、、
メニューの魅せ方を工夫するという点からいえば、
「筆文字で書く」っていうのは、1番手っ取り早い方法でもあります。

そして何より、字が苦手ででも筆文字だと誤魔化せる…
そんな利点もあったりします。
僕自身も手書きPOPをはじめたての頃は、筆文字で書いてました。

…ではつづいて、日替わりメニューのもう1つの工夫。
こちらをみていきましょう。
「伝え方」の部分です。

日替わりメニューの工夫2.「伝え方」

伝え方というのは、いわゆる書くメッセージ。
「メニューにいったい、どんな事を書けばいいのか?」
という部分です。
このやり方にはたくさんの方法があるのですが、そのうちの1つをお伝えします。

例えば、日替わりメニュー。
何でも良いんですけど、「鰹のタタキ」というのがあったとしますよね。
これを手書きPOPの考え方を使ってメニューの工夫をしたい、と。
その時に、どういう風にやれば良いのか?というと。

その日替わりメニュー、今回の場合で言えば、「鰹のタタキ」。

その料理の「オススメポイント」を1点挙げるとしたら…それはどこか?

ここを考えることです。
そして、それをメニューに書く。
お客さまに伝えることです。

ちなみに、ここでの注意点は、2つあって。

  1. おすすめポイントは、1点に絞る
  2. おすすめポイントは、あなたご自身のポイントである

この2つを意識することです。

いくつもオススメポイントを挙げる必要はありません。

また、

あなたご自身がオススメしたいポイント

をお伝えすることです。

そのお料理のどこがあなたのオススメポイントなのか?
お店のマニュアルじゃなく、、、
店長さんの言葉じゃなく、、、
あなたご自身の言葉で伝える。

それができれば、目に視える成果として表われるのではないでしょうか。

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。