セールスで嫌われるのがイヤなら販促物を使ったら全て解消する理由

臼井です、

セールスが得意じゃないので販売スキルを身につけたい。

そう思われている方は、すごく多いです。

お客さまんには、気持ちよく買っていただきたい。だけど売上のこともある。
数字を立てないと、商売が成り立たない。
上司に怒られる、、

家族とたまの贅沢もしたい、、。

色々とありますよね。

実際、私自身もセールスにはコンプレックスが強いです。

「嫌われたくない」

「認められたい」

願望が強い人間なので、セールスをすることで相手に嫌われる。そんな刷り込みがありました。(今もかな、、)

前職の営業をしていたときも、得意先に商品をうまく提案できず、自己嫌悪すること多かったです。世間話はできるんだけど、いざ、商品の話になると、

「また今度でいいか」

逃げてしまうことが多かったです。

今それを克服できているか?

…というと正直、ノー、できてません。ただ少し考え方とやり方が変わりました。

セールスへの考え方の変化

例えば、「手書きPOP7つの極意」ご登録者にお届けしているメルマガでは、時々セールスします。

ときには案内がガンガン届くので、

「ウザいなー」

って感じられている読者さんも正直いらっしゃるかもしれません(苦笑)

ただ、個人的な意見を言わせていただくと、人間って、そもそも行動しにくい。今の状態を変えない生き物だと思っているんですね。

よく言われますが、私たちの脳には現状維持機能が備わっていて、できる限りいつもと同じパターンや生活をキープしたい。脳が私たちをコントロールする。

なので、なかなか新しい行動や結果って掴みにくい。

脳のブロックをぶち壊して欲しくて、

何度も、しつこく、、ネチネチと、、、
ご案内メールを送ったりしています(笑)

あともう1つ、やり方も変わりました。

販促物を使うようになりました。チラシであったり、ニュースレターを活用し始めました。

チラシだったら、お客さま一人一人に会わなくても、あなたの会社やお店のことをPRできますよね。しかも、一度に大勢の方に。

自社の紹介や良いところを話すのって、抵抗がある人は多いです。だから、代わりにチラシに伝えてもらう。

ニュースレター(お便り)もそうで。

起業時にやっていた集客法

自分が起業したとき、地元で勉強会を開催していたんです。

「これを多くの人に、なるべく嫌らしくなく、宣伝できないかな?」

考えていました。その結果、たどり着いたが、ニュースレターでした。

「家族の話とか、旅行でどこどこへ行った」

みたいなことを書いて、紙面の端っこに、勉強会の案内を書く。すると、

「臼井さん、あれ興味あるんですけど」

ポツポツ声をかけもらえるようになりました。この手法は、今も現役で。会員さんもつかって集客に成功されています。

「あれ、魔法のチラシですよ」

昨日も仲間のお一人から言っていただけました。めっちゃ勇気をもらいました。

集客パックというプログラムを通じて、ご縁をいただいた会員さんです。ご一緒にチラシをつくったんです。

ご縁をいただいたのが、たしか2018年の夏。かれこれ2年以上、そのチラシで集客し続けられています。

この会員さんは、チラシに私がニュースレターで使っていた手法を導入し、集客の仕組み化を実現されています。

セールスが苦手な方におすすめしたいこと

自社の商品やサービスを利用してもらうために、セールスは勿論欠かせない。それは分かっているけど、

「やっぱり苦手だな、、」

というのなら、販促物の活用をおすすめします。

多少の費用はかかるけど、あなたの代わりに集客や販売を代行してくれますし、うまくはまれば、ご紹介した会員さんのように何年も任務を遂行してくれる。

営業(販売)部隊、何人分もの働きをしてくれる、頼りになる存在です。

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。