人の心を動かす1シーン

 

smartphone-407108_640

 

「グキッ」

踏ん張った右足からイヤな鈍痛が、、。

開始から、2分40秒。

2カ月前に痛めた足首を再びやってしまいました。。

年に2度の清掃日

昨日は、僕が住む地区の自治体の清掃行事の日でした。

近所にある堤防。

その堤防に生えてある雑草を集める日だったんですね。

毎年、年に2回あります。そして、けっこう憂鬱になる日です><;

 

雑草自体は、事前に業者のかたが刈ってくださっているんです。

僕たち住民は、その刈られた草を集めるんだけ。

なんだけど、これがキツイ。。

堤防といえば、傾斜があるじゃないですか。両サイドが坂になっている。

その傾斜の草を集めるのが強烈で。

堤防の傾斜角度がだいたい45度くらい。

両手に草を集める器具(砂場をかくトンボみたいなの)を持つ。

傾斜を両足で踏ん張る。

草を集める。

ふと気を緩めると、川に転がり落ちそうになる(45度ってかなり急)。

 

正直、僕いま42歳だけど。同じ作業を60代のオジサンとかも一緒にやられています。

「僕が同じ歳になった時にできるか?」っていうと、

かなり疑問です。。

いちおう堤防一面を自治体の班ごとに区分けして、清掃します。

「自分たちの班は、このエリア」みたいな感じでね。

だけど、そんな区分けなんて、あって無いようなもの。

自分のところが終わったら、他所のところへも手伝いに行きます。

 

昨日も自分たちのエリアが終わった後、150mくらい離れたところへ手伝いに行きました。

もう持つのも重たくなった、トンボを引きづりながら。。

っで、また坂を下りて。草集めをしていたんです。

 

するとね、ちょっと意外なことが起こりました。

 

僕たち(妻もいた)のまわりに人が続々と集まって来たんです。

自分のエリアの作業を終えた方々が手伝いに来てくれた。

遠く離れた人だと、400mくらい向こうから。

それでみんなで草集め。

 

おかげ様で作業は捗り、思っていた以上に早く、負担も少なく終わりました。

普通だったら、自分の家の近くの草を集めたら、作業を終えて休憩する。

そんなケースも多いんだけど(というのも、しんどいからね)。

昨日はそうじゃなかった。

1つの(遠く離れた)エリアまで皆さんが手伝いに集まられた。

そして、皆さんで作業を仕上げて終えました。

 

これには、僕も心が軽くなりました。

そして、同時にこんなことがふと頭に浮かびました。

「どうして、皆さん手伝いに来られたんだろう?」

って。

そして、それには1つの理由があるように思えたんです。

1シーンが心を動かす

恐らくなんだけど、、誰かが遠く離れたところで作業をされている。

そんなのを遠くで見た人は。

 

「あぁ、あんな所まで手伝いに行かれてるんだ。

 えらいなぁ、自分のところ終わっているのに。俺もちょっと手伝いに行くか。」

こんな風に感じられたんじゃないか?

 

そう思ったんです。

頑張られている方の姿を見たときに、

  • 他人事に思えない
  • 自分ごとに置き換える
  • 気持ちが入る

そして、行動になった。

400m離れたところから手伝いに行かれた。

 

そして、これっていうのは人間の心理の1つで。

我々が日々つかう手書き販促にも同じことが言えます。

写真を効果的につかう

 

1枚の絵は、1,000の言葉に値する

販促物の世界には、こんな言葉があります。

 

要は、言葉(文章)で、

「この商品は素晴らしいよ」

と言うよりも、

「1枚の写真をつかって、その商品の素晴らしさを伝える」

こっちの方が何百倍も効果的だよ、という話ですよね。

 

手書きPOPで成果を上げるには、写真が必要。

といっているわけではありません。

写真がなくても、結果を残すお店は多々あります。

 

…ただ、もしも写真を使えるのであれば、さらに効果的になるということです。

 

今回の草刈りも、

「皆さん、自分のところが終わったら、他所を手伝ってくださいね」

と区長さんが口すっぱく言うよりも、

「誰か1人が汗を流して手伝う姿」

この1シーンが、よっぽど効果的。

突き刺さる。

そして、地区の皆さんの心を動かしたのかもしれませんね。

 

さて、あなたのお店(手書きPOP)で効果的につかえる1シーンは何でしょうか?

もしも、出来るようでしたら、手書きPOPに写真をつかうアイデアも考えてはいかがでしょうか?

 

■追伸:

ちなみに今回の草刈りで、古傷の右足首をグキッといってしまいました。

開始2分40秒後のできごとでした。

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。