手書きPOPで成果を上げる方の共通点

 

手書きPOP コツ

 

参加者の方が決まって、つぶやく言葉があります。

 

サポートでお店に伺ったり、手書きPOPのセミナーをやるじゃないですか。

すると、参加者の10人中8人くらいは言って帰る。

そんな言葉があります、

…何だと思います?

逆の言い方をすると、実はこの言葉を言って帰られた方。

その方は後々、手書きPOPで成果を上げる可能性は高い。

そうとも言える言葉なんです。

成果を上げる方の共通点

以前、僕の地元高知で手書きPOPのセミナーをやった時のこと。

参加者のお一人が帰り際、こんなことを言って帰られました。

 

なんだか、すごく気が楽になりました。

こんなカンタンに考えて良いんだ、みたいな。

どんどん書けそうな気がします。

 

僕ね、そのとき思いましたもん。

「あぁ、この人、掴んでるなぁ」って。

 

一般的に、手書きPOPというと、

「短く書かなきゃイケない」

そう思っている方、多いです。

「書くメッセージを短くしなきゃ、、、まとめなきゃ、、、」

「短く書かないと、お客さまに読んでもらえない。」

そう考えられている方が多いのです。

それこそセミナーをやったら、その参加者のほぼ半数以上の方がそう思われています。

 

…どうです?

あなたは、思われたことないですか?

 

ただね、ここで言い切っちゃうと。

手書きPOPはね、短くなくてOKです。

メッセージをまとめて書かなくて、OK。

文章で伝えて大丈夫です。

というか、文章で伝えた方がお客さんの心に響きやすい。

心を動かしやすいんです。

「手書きPOP」と「接客」の共通点

あなたが接客をされる時のこと、ちょっと思いだしてもらえませんか?

 

例えばですよ、あなたが売りたい(お客さまに紹介したい)商品があって。

その商品の話をする時に、、、

  • スパッと短い言葉。ひと言で商品のことを伝える
  • いろんな切り口から、じっくり説明をして商品の良さをを伝える

どっちが、お客さまの心に響きそうですか?

どっちが、お客さまに商品のことを興味持ってもらえそうですか?

僕個人的な意見かもしれませんが、短い言葉。

スパッとひと言を言うだけで、お客さまに商品のことを伝える。

そして興味を持ってもらう。

欲しい気持ちになってもらう。

これって、ちょっと難しくないですか?

ハードルが高そうな感じしませんか?

 

ゆっくり時間をかけて。

色んな切り口から商品の話をする。

そうして伝えた方が、お客さんに興味持ってもらえそうな感じしませんか?

手書きPOPの目的。

これって、何でしょう?

 

お客さまの心を動かすこと。

商品に興味を持ってもらう。

そして、行動(購入)してもらう。

ということでしょう?

 

だったら、無理に短い言葉で伝えようとするよりも、長くなってもイイから、あなたの言葉でしっかり伝える。

こっちの方がずっと大事です。

ここが腑に落ちると強いです。

この視点が持つのと持たないのとでは、書くPOPのメッセージに違いが出てきます。

成果につながる手書きPOPを書ける、1つの入り口になってきます。

 

…冒頭で僕、お伝えしましたよね?

手書きPOPで成果を上げる方の共通点。

実は、ここなんです。

「無理に短い言葉で伝えようとするよりも長くなってもイイから、自分の言葉でしっかり伝える」。

ここを腑に落とされた方は、成果を上げられる可能性は高いです。

僕のまわりで、手書きPOPで成果を上げられている方の1つの共通点でもあるのです。

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。