「人間味あふれる」これが手書きPOPでも好まれる

手書きPOPでもいいし、

チラシでもいい。

中に書くメッセージを考える上で、ぜひ意識して欲しいこと。

それは、、、

「人間味あふれるメッセージ」を書く。

ここなんですね。

「成果を上げる看板の2つの原則」として、

・人間味を持たせる

・目的を持たせる

この2つが大事。

ダニエル・ピンクっていう(アル・ゴア副大統領の首席スピーチライターを務めたこともある)

有名な作家さんが言ってます。

実はコレ、僕もすごく納得することがあって。

…僕が産直店で働いていた時のこと。

お店のメイン商品は、野菜や果物などの青果物でした。

っで、青果物と言えば、鮮度が命でしょう。

当然、売場の商品鮮度チェックが欠かせなかった。

正社員2名の小さなお店では、その作業をアルバイトの女子高生にもやってもらってたんです。

でも、これ、結構難しいんですよ。

鮮度って言っても、その基準が分からない。

自分はまだ大丈夫と思ってても、他の人が見たら

「コレ、ちょっと鮮度的にヤバくない?」

って、結構なったりするんです。

鮮度の基準が人によって違う。

だから、バイトの女子高生1回、1回、僕に聞きに来てました。

「コレ、大丈夫でしょうかね?」って。

…でも、コレって当然、手間と時間がかかるでしょ?

僕もずっとお店にいるわけじゃないし、、、。

そこで、ある時からこう言うようにしたんです。

「自分のお母さんが、それ買うところ想像してみて。

 ●●さん(女子高生の名前)のお母さんが、それ買おうとしたら勧めれる?

 止めとき、って言う?どっちやろう、、、?」って。

すると、バイトの子たち、僕に聞きに来ることがなくなった。

っで、ココからですよ!

僕が今日、あなたにもっとも聞いていただきたい大事な肝の部分です!!

僕がアルバイトの子に言った、

「自分の家族に売るシーンを想像する」

これを販促物にも当てはめるんです。

自分の家族に商品を勧めるとき、どんな風に伝えるか?

あなただったら、お母さんにどんな風に言うか?

お父さんになら、、、?

娘さんになら?

そこを想像してみるんです。

そして、その時に言う言葉、話をそのまま販促物に落とし込む。

メッセージにするんです。

・・・POPにしても、チラシにしても、、、、成果を上げる販促物。

そこのメッセージには、「人間味」が溢れています。

耳触りや歯切れが良いとかじゃなく、書いた人、その人の言葉になっているかどうか?

それが人間味のあるメッセージ。

そして、その人間味溢れるメッセージがお客さんの共感を呼ぶんです。

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。