メッセージ的には、かなり致命的です。

 

life-871262_640

 

 

先日、訪店したサポート先の方がこんな事をおっしゃっていました。

 

メーカーさんからいただくチラシは綺麗なんですけど、、、

反応が全然ないんです。

逆に私たちがWORDでつくった、とても綺麗とは言えないチラシを配った方が売れるんです。。

もぅ、不思議ですよね。

メーカーさんのはデザインもすごく綺麗に作られているのに。。

 

実は、このお話。

この方だけでなく、いろんなお店でもよくお聞きします。

薬局、酒屋さん、化粧品店、、、今パッと思いつくだけでも、たくさん出てきます。

あなたも同じようなご経験ないですか?

メーカーから商品を仕入れている。

その際、商品と一緒に配布してもらえる販促物。

チラシやPOP。

これらを売場に設置する。

 

…のだけど、イマイチ反応がよくない。

 

「お客さま、あんまり読んでいないよね、、、」

薄々は感じているんだけど、でも綺麗につくられたチラシだし。。

ということで使っている。

 

こんなお心当たりはないですか?

 

もしあったとしたら、あなたが感じられているその予感、、、は当たりです。

 

メーカーさんからいただく販促物。

たしかに、よく出来ています。

きれいな写真がつかわれ、色づかいもカラフル。

見た目的には、文句なしです。

 

ただ、そこには、1つ欠けているモノがあります。

…何だか分かりますか?

書き手の存在感です。

その販促物をつくった人の存在が伝わってこないのです。

 

例えば、何かの商品チラシでもいいです。

そのチラシの中で、商品の特徴や説明が書かれていますよね。

そして、お勧めされていると思うんです。

 

しかし、その商品を勧めている方の存在感が伝わってこない。

ここが問題なのです。

 

よく僕たちは(先日、訪店したお店の方も言っていた)、

「心がこもっていない」

という表現をしますよね。

 

「このメッセージには、心がこもっていないから伝わらないのかな」

みたいな言い回し。

 

まさに、ドンピシャ。

このことです。

その商品を、

「いったい、誰が勧めているのか?」

ここが伝ってこない。

メッセージ的には、かなり致命的です。

  • 誰がそのメッセージを伝えているのか?
  • 誰がお勧めしているのか?

「誰が」の部分が明確に伝われば伝わるほど、そのメッセージはパワフルに受け取り手に響きます。

 

例えば、以下のようなメッセージが2つあった場合。

  1. このトマトは美味しいので、オススメです。
  2. このトマトを食べてみたら美味しかったので、オススメします。

あなただったらどちらのトマトを買いたいですか?

(1.2.とも同じトマトで、同じ価格)

 

…商品をお勧めするときに、わざと出処を曖昧にするケースも多いです。

「誰がオススメしているのか?」

が明確になっていて、もし、その商品を買ったお客さまが納得しなかった。

美味しいと思わなかった場合。

「ここに美味しいと書いてるから買ったのに、美味しくないやんけ!!」

みたいなクレームを避けようとする場合です。

 

大手の量販店なんかが、このパターン多いと思います。

 

売場担当のスタッフ個人の意見を書いたときに、その責任をなかなか負えない。

情報の正当性を確保できない。

といった問題です。

(このような理由から、大手では手書きPOPを禁止されていることも多かったと聞きます)

 

しかし、僕たちのような個人・小規模店は事情が違います。

 

そのお店で働いている人は、どんな人なのか?

ここを明確にしていけることが、ある意味1つの強みでもあります。

大手には真似できない要素です。

 

「お店の人(あなた)は、どんな人なのか?」

を知ってもらった上で、

「そのあなたが商品を紹介する」

ことで、そこに信頼であったり、説得力が生まれます。

 

念のため言っておきますが、メーカーさんが作られる販促物が100%全部ダメ、

と言っているわけではありませんよ。

ただ、販促物において欠かせないのは、そのメッセージを伝えている人の存在感。

「いったい誰が、その商品をお勧めしているのか?」

ここが明確になればなるほど、信頼できる。

そんな気がしませんか?

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。