酒屋さんで使える、日本酒の手書きPOPを勝手に書いてみた。

 

酒屋さんって、意外と手書きPOPが置かれていないんですよね。

「どうして置かないんだろう??」

って不思議になるくらい、お酒のPOPが書かれていないこと多いですよ。

 

っで、今日は、(ちょっと気が向いたので)僕が勝手に酒屋さんで使える!?「日本酒」の手書きPOPを書いてみました。

その手書きPOP事例を紹介しながら、少し話したいと思います。

勝手に書いてみた!日本酒の手書きPOP

今、5分くらい時間をとって日本酒の手書きPOPを書いてみました。

こんな感じ。

 

酒屋さんの日本酒 手書きPOP

実際にボクが好きな日本酒を商品にして勝手に書いてみた手書きPOP

 

 

僕はお酒はあんまり飲まないんです。

どっちかというと、苦手な方で弱いんです。

だけど、この日本酒だけは「美味しい」って思えて、楽しみにしてよく飲んでるんですよ。

 

っで、その(高知県の亀泉酒造・CEL-24という)お酒を題材にして手書きPOPを書いてみました。 

このPOPに書いてるのは、全部実話です。

酒屋さんの手書きPOPは、お客さまの裾野拡大につながる

僕は基本、お酒は苦手なんだけど、梅酒だけは好きで。

リカーショップやスーパーのお酒コーナーで、梅酒を見たりするんですね。

「なにか美味しそうなのないかなー」って。

 

でもね、さっきも言ったように、ほんとほぼ僕が行くお店の大半は手書きPOPを置かれていない。

だから、お酒の知識のない僕は、いつも何を買えばイイのか迷ってしまいます。。

 

<僕が梅酒を買うときに商品を選択する基準パターン>

  1. 原材料につかわれている梅酒の産地を見る
  2. 「容量」と「価格」で割安感をいちおうチェック
  3. 「こだわり」や「美味しそう」感をパッケージで判断

 

…以上、この3つが僕が梅酒を買うときに基準としている情報です。

というか、お店の売り場で得られる情報があまりにも少ないので、こんな感じで選ぶしかないのかも。

 

お店の売場で得られる情報としては、

  • 商品名
  • 価格
  • 容量
  • 梅の産地
  • パッケージ

これくらい。(※僕がよく行くお店では、の話ね)

だから必然的に、パッケージのセンスを基準にして、あとは価格や容量を見比べて選ぶ感じです。

 

こんなときに、(僕が書いたのが良いのかは別として)手書きPOPの1枚が売場の棚に並んでると、買いやすいと思うんだけどな。

って、いつも感じてます。

 

店主さんの主観的な意見や感想で良いと思うので、手書きPOPを書いてもらえると、お客さまにしたら商品を選びやすくなるし、お店へ行く楽しみが増えるはず。

 

あとは、ココ結構重要なんだけど、「お酒を買う人の裾野も広がる」。

 

例えば、今まで日本酒ばかりだった人が、

「今日はワインを買ってみようか?」

手書きPOPをキッカケにして、思われるとか。

 

「いつもと違う日本酒を買ってみようかな?」とか。

「コレ、ここには辛口じゃなくて飲みやすい、って書いてありますけど、僕みたいな●●のお酒が好きな人間でも飲めますか?」

みたいな感じでお客さまとの接点や会話も増えると思うんです。

 

ぜひぜひ、酒屋さんの方々には手書きPOPをどんどん書いてもらいたいです。

僕の個人的な願いも込めて。

footer-small

小さなお店の必須ツール「手書きPOP」をあなたに伝授。 超実践ノウハウを知りたくないですか?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、

  • 字に自信がなくても、
  • かわいいイラストが描けなくても、

今日から実践できる、超具体的な手書きPOPの書き方。
さらには、小規模店が大手に負けないために「価格以外の価値」を生み出すノウハウを学べる1冊です。

今なら、ここでは絶対言えない豪華特典もお付けしています。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。