「もうイヤ!メッセージがだらだらと長くなってしまう、、、(涙)」

 

手書きPOPのセミナーをやっていると、メッセージの長さに関するご相談をよくいただきます。

「何をどう書けばいいのか分からず、ダラダラと長くなってしまう、、、」

もしくは、

「短くなり過ぎて淡泊になってしまう、、、」

このような感じでお困りのかたが多いです。

 

手書きPOPのメッセージが長いほうがいいのか?

短かい方がいいのか?

この問題については、以前の記事に書いているのでそちらをご覧ください。

■「…果たして、手書きPOPのメッセージは長いと読まれないのか?」

 

っで、今日は、メッセージの内容(長さ)を安定させる話です。

ダラダラと長くなり過ぎず、短くなり過ぎない、、、そのためにやった方がいいこと。

その話です。

解決策は、手書きPOPレイアウトを決めること!

あなたが書くメッセージの長さを安定させる、

その1つの方法は、「レイアウト」を決めてしまうことです。

手書きPOPのなかに、

  1. 何を?
  2. どこに?
  3. どれくらいのスペースで?

この3つを決めてしまいます。

 

例えば、こんな感じです。

 

手書きPOPのレイアウト見本

手書きPOPのレイアウト例の1つ

 

僕がざっと書いたので、ずいぶん雑ですが(笑)

 

キャッチコピーは、1番上に書いて。

商品名は、ここに。

説明文(メッセージ)は、これくらいのスペースでここに。

価格は一番下に、、、、

という感じで、ご自身なりに手書きPOPのレイアウトをつくってしまうんです。

(あくまでもこれは例なので、ご自身でいいのを創ってみてください)

 

それで、後はこのレイアウトに従って、各パーツを埋めていく。

その感じです。

作業効率もグンとよくなる

レイアウトをつくっておくと、内容を考えるのも楽になりますよ。

作業も1からPOPを創り上げるのじゃなくて、

「このパーツには、これを書こう」

とか、パーツごとに考えられるようになるので作業時間の短縮にもなってきます。

 

というわけで、手書きPOPのメッセージがダラダラと長くなり過ぎる。

短くなり過ぎる。

そんな場合の解決策は、レイアウト案を先に決めてみる。

1つの方法になるんじゃないでしょうか。

 

というわけで、今日は地元高知で県が主催の手書きPOPのセミナーに行って来ます。

少人数なので、ざっくばらんに、やり取りを多くして楽しみたいと思います!

 

既に5,000社以上が購読中
「手書きPOP7つの極意」

POPにも様々な種類ややり方がありますが、最大の肝は、

1:POPを『見て』もらう事
2:POPを見て『行動』してもらう事

は別ということです。
お客さまに行動(購入)してもらうには全く別の仕掛けが必要なのです。

しかし、まだまだ多くのお店や会社がその違いに気がついていません。
そこで今回あなたには売上に『直結』するPOPの書き方を無料で公開します。




ABOUTこの記事をかいた人

正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験に基づくセミナーや研修は分かりやすく自律性を養うと好評。大学や高校、ビジネス専門学校にて『POPコミュニケーション』の講義も持ち、累計受講者数は千名を超える。モットーは「出逢う人すべてをインスパイアする」。