「もうイヤ!メッセージがだらだらと長くなってしまう、、、(涙)」

 

手書きPOPのセミナーをやっていると、メッセージの長さに関するご相談をよくいただきます。

「何をどう書けばいいのか分からず、ダラダラと長くなってしまう、、、」

もしくは、

「短くなり過ぎて淡泊になってしまう、、、」

このような感じでお困りのかたが多いです。

 

手書きPOPのメッセージが長いほうがいいのか?

短かい方がいいのか?

この問題については、以前の記事に書いているのでそちらをご覧ください。

■「…果たして、手書きPOPのメッセージは長いと読まれないのか?」

 

っで、今日は、メッセージの内容(長さ)を安定させる話です。

ダラダラと長くなり過ぎず、短くなり過ぎない、、、そのためにやった方がいいこと。

その話です。

解決策は、手書きPOPレイアウトを決めること!

あなたが書くメッセージの長さを安定させる、

その1つの方法は、「レイアウト」を決めてしまうことです。

手書きPOPのなかに、

  1. 何を?
  2. どこに?
  3. どれくらいのスペースで?

この3つを決めてしまいます。

 

例えば、こんな感じです。

 

手書きPOPのレイアウト見本

手書きPOPのレイアウト例の1つ

 

僕がざっと書いたので、ずいぶん雑ですが(笑)

 

キャッチコピーは、1番上に書いて。

商品名は、ここに。

説明文(メッセージ)は、これくらいのスペースでここに。

価格は一番下に、、、、

という感じで、ご自身なりに手書きPOPのレイアウトをつくってしまうんです。

(あくまでもこれは例なので、ご自身でいいのを創ってみてください)

 

それで、後はこのレイアウトに従って、各パーツを埋めていく。

その感じです。

作業効率もグンとよくなる

レイアウトをつくっておくと、内容を考えるのも楽になりますよ。

作業も1からPOPを創り上げるのじゃなくて、

「このパーツには、これを書こう」

とか、パーツごとに考えられるようになるので作業時間の短縮にもなってきます。

 

というわけで、手書きPOPのメッセージがダラダラと長くなり過ぎる。

短くなり過ぎる。

そんな場合の解決策は、レイアウト案を先に決めてみる。

1つの方法になるんじゃないでしょうか。

 

というわけで、今日は地元高知で県が主催の手書きPOPのセミナーに行って来ます。

少人数なので、ざっくばらんに、やり取りを多くして楽しみたいと思います!

 

手書きPOPの書き方極意

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。