「POPひとつで違いが出るんですね‏」…イベント出店でのご報告

 

「商品が良いから売れる」。

今って、なかなかこうは言えない時代になっていますよね。

商品力があっても売れづらいこと、いっぱいあると思います。

理由はいろいろとあると思うんだけど、、、。

 

ただ逆から言うと、

「伝え方ひとつで売れ行きが変わる」。

こうとも言えると思うんです。

 

以前から売っていた商品。

売り方を変えてみたら、驚くくらい売れた。

こういうお話って、よく伺います。

 

というわけで今日は、伝え方を変えたら、売れ方が変わった。

手書きPOPに書く内容を変えたら、売れ行きが変わった。

そんなご報告をいただいたのでご紹介します。

「POPひとつで違いが出るんですね‏」

昨日、ある方からご報告をいただきました。

以前、僕が東京と大阪でおこなったセミナーにも参加くださった女性の方です。

ご本人から了解をいただきましたので、いただいたメールをご紹介いたしますね。

 

臼井さん

ご無沙汰しています。

東京のセミナーや、大阪のセミナーに参加した愛知県の●●と言います。

いつもメルマガで勉強させてもらっています。

とても参考になってます。ありがとうございます。

 

この前、イベント出店したときに「こんなに違うんだ!」と思ったので

感謝の気持ちを込めてご連絡しました。

 

イベント出店では、主人の作る焼き菓子を主に持っていきました。

開始時間ぎりぎりだったので、プライスも「モノ」のことを書いてました

シュークリームの皮のラスクにはこのように書いてました。

「ザクザクとした食感です」

勉強したのにダメですよね…。

 

一番人の多い午前中はこのPOPで過ごしてしまったら一つも売れず…。

その他もほとんど売れず、どうしよう…と思ってました。

そこで、昼前にPOPをこんな風に書き換えました

 

 お店の焼き菓子で一番人気!

 ザクザクとしています

 リピーターさんは、「ある分全部ちょうだい」

 と大人買いするおいしさです

 

このPOPにした途端に売れ始め、その他のプライスも変更していきました。

イベント終了時間には、少し残った程度で終わることができました。

 

POPひとつでこんなに違うんだ!と驚きつつ

教えてくださった臼井さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます!!

 

追伸、親子遠足楽しみですね (^^)

●●●●

 

いただいたご報告メール~こうしてセミナーに参加くださった方が成果を上げられると嬉しい

いただいたご報告メール~こうしてセミナーに参加くださった方が成果を上げられると嬉しい

 

売れ行きに違いが出るのは、「伝え方」が要因

実は、今回ご報告くださったSさんの話がいろんなところで起きている。

僕はそう思っています。

 

同じような商品を売っているAとBの店。

Aの店は、よく売れている。

一方、Bの店ではそんなに売れていない。

 

同じようなサービスを提供するAとBの会社。

Aの会社には、お客さんがよく来るけど、Bはそうでもない。

・・・この違いは、いったい何か?

 

1つの要因は、「伝え方」にあるのではないでしょうか。

 

 

同じような商品を扱っているのに、売れ行きに差が出る。

お客さんの集まり度合に違いが出る。

この差は、扱う商品。

もしくは、お店や会社自体の魅力や価値、個性をいかに伝えられているか?

「伝え方」が大きなウェイトを占めていると僕は考えています。

 

 

 

・・・兎にも角にも、今回の勝利の要因はご報告くださったSさんの行動力。

午前中、売れ行きが芳しくなかった。

その後、午後からすぐさまPOPに書く内容を変えられた。

その素早い行動力と柔軟な対応が、今回の成果を生み出した。

間違いないですよね。

 

・・・こうして、わざわざご報告いただけて、ほんと僕も嬉しかったです。

そして、あらためてPOPの素晴らしさを実感、・・・なんて(笑)

いえ、、、伝え方って、やっぱり大事だよねと。

そしてその具体策に「手書きPOP」はモッテコイだよねと実感したことでした。

 

・・・というわけで、ボクは娘と親子遠足へ行って来ます(笑)

 

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。