「…何をどう書いていいのか分からない」場合は、こんな風に考えてみよう

 

手書きPOPをつくるときの考え方にこんなのがあります。

  1. 何を?
  2. どう伝えるか?

この2つを分けて考えてみるということです。

1.何を?

文字どおり、手書きPOPで伝えるメッセージの部分です。

  • あなたがお客さんに伝えたいこと
  • 教えたいこと
  • その商品について知って欲しいこと

こういった想いをメッセージにする部分。

 

ポイントは、「POPを書く」という意識をあまり持ち過ぎないこと。

普段、あなたがお客さんに話しかける感じ。

ここを忘れない。

 

「POPだから、どう書こう…?」

と意識してしまうんだけど、今目の前にお客さんがいるとしたらその商品についてどんな話をするか?

接客のときに話す内容を書いてみましょう。

 

メッセージから店長さんの人柄が感じられる手書きPOP

メッセージから店長さんの人柄が感じられる手書きPOP

 

2.どう伝えるか?

一方、こちらは、見た目的なところ。

1.「何を?」で考えたメッセージをどう魅せるか?の部分です。

 

例えば、

  • レイアウトは?
  • 色合いは?
  • どんなペンをつかって書く?
  • 大きさは?

といった手書きPOP自体の各パーツを意識していきます。

 

ただ1つ、手書きPOPで悩まれている方の多くが、この2.「どう伝えるか?」でつまづかれています。

「字に自信がなかったり、絵を描けない」

ということが目に見えない壁になって前に進めなくなるのです。

(そうでもないかな?)

 

もしも、あなたがそうだとしたら誤解を恐れずに1つお伝えします。

この見た目部分は、後回しでも大丈夫。

あまり気にしなくてOKです。

手書きPOPで成果を上げるために大切なのは、1.「何を?」の部分だから。

 

  • 見た目がステキだけど、内容がビミョウな手書きPOP
  • 見た目はオシャレじゃないけど、伝わってくるメッセージが書かれた手書きPOP

お客さんが見たときに、どちらに心を動かすか?

 

というと、圧倒的に後者です。

お客さんの心を動かすのは、POPの見た目でなくて伝えるメッセージ。

(もちろん、見た目にこだわるのが悪いわけじゃないよ)

 

「…何をどう書いていいのか分からなーい」

って、頭を抱えられているとしたら、まずは何を書くか?に照準をしぼりましょう。

見た目的なことはとりあえず置いておいて、あなたが伝えたいことに焦点を当てて考えてみよう。

 

 

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。