インパクトのある手書きポップを書く方法って?

 

少しテクニック的な話をします。

手書きPOPをつくるときに、「写真」をつかうとお客さんの目に留まりやすくなる。

そんな話です。

 

こちらの手書きPOPを見てもらえますか。

僕が前職時代(7~8年くらい前)に書いていたPOPです。

こんなPOPを得意先のお店へ行って売場をつくるとき、よく持って行ってました。

 

前職の営業時代に得意先の売場でつかっていた手書きPOP

前職の営業時代に得意先の売場でつかっていた手書きPOP

 

実は先日、資料をつくろうと過去のデータを整理していたら発見。

「へぇ、あの頃からイイのつくってたじゃない」

って、一人満足してしまいました(笑)

「手書き」と「写真」を組み合わせてみる

手書きPOPを実践している方がよくおっしゃいます。

「POPを書いているんですけど、インパクトがないんです…」

って。

 

インパクトのある…っていう言葉には2つの意図があると思うんだけど。

 

1つは、「キャッチコピーでお客さんの目を留めたい、そのインパクト」

そしてもう1つは、「見た目的なインパクト」

この2つ。

 

今回僕が話しているのは、後者。

見た目を工夫することで、お客さんの目に留められないか?という部分。

 

やり方はいろいろとありますが、今回お伝えしている方法。

「写真」と「手書き」を組み合わせるのも効果的な1つです。

 

手書きで全部を説明しようとすると、文字量が増える。

うまく説明できない。

などなど、色々と難しい部分が出てきます。

そんな時、手書きで伝えきれない部分を写真をつかって視覚的に伝える。

見た目的にも明るい感じになって、売場イメージ向上にも役立ちます。

 

つかう写真もプロが撮ったようなのじゃなくて大丈夫ですからね。

スマホで商品を撮って印刷かけたものを貼り付けるだけでOK。

ピンと来た方は、チャレンジしてみてください。

 

 

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。