初心者でもデキる、手書きPOPのつくり方ステップ

手書きPOPセミナー大阪

 

「手書きPOPに興味があっても、どう書いたらイイのか分からない」

そういう方も多いと思います。

今日はそんな方のために、カンタンな手書きPOPのつくり方をお伝えします。

ほんと、初心者の方でも書けるつくり方です。

 

初心者の方へ:手書きPOPのつくり方ステップ

じゃあ、手書きPOPのつくり方を順に説明していきますね。

1.台紙を用意

どんな紙でもOKです。

色つきが良ければ、それでもOKだし、シンプルに白がイイならそれを用意。

注意するのは、サイズ。

「どこにPOPを置くのか?」

を考えて、

「どれくらいの大きさにするか?」

事前にサイズだけ確認しておきましょう。

2.売りたい商品を決める

あなたが売りたい、これから手書きPOPに書いていきたい商品を決めます。

…ありますよね?

これ売りたいっていう商品やサービスが。

その商品を決めましょう。

3.レイアウトを決める(台紙のコーナー化)

手書きPOPの台紙のなかで、各項目を考えていきます。

例えば、

  • キャッチコピー(お客さんの目に留めるタイトルの部分)
  • 商品名
  • 商品説明文
  • 量目(●g、●●ml、●●分 etc)
  • 価格

こんな感じで、あなたが書きたいことを台紙に落とし込んでいく作業です。

手書きPOPのレイアウト例の1つ

手書きPOPのレイアウト例の1つ

4.各コーナーへ書き込み

先ほど、3.の作業でコーナー分けした各項目を埋めていきます。

※「各項目にどんなことを書けばいいのか?」という説明をすると長くなるので、今回は省略いたしますね。

5.売場に設置

必要に応じてラミネートしたりしながら、デキ上がった手書きPOPを売場に置きます。

 

…以上、簡潔にいうとこんな感じで手書きPOPを作れます。

「シンプルに説明し過ぎだろう?」っていう感もありますが(笑)

そんな方は、こちらもご覧になってみてください。

各ステップごとに詳述しています。

手書きPOPを始めるにあたって意識しておきたい5つのステップ

 

今日説明したステップの中でのポイントは、「3.台紙のコーナー化」です。

コーナー分けしておくことで、それぞれに書く項目を考えられる。

ただ漠然と「何を書こう?」って考えるだけじゃなくなり、頭が整理されやすい。

そんなメリットがあります。

頭で考えていてもなかなか前へ進まないので、まずは一度トライしてみてくださいね!

 

 

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。