接客よりも紙に書いた方が効果的な場合

恋愛をご商売に例えられる方がいらっしゃいますが、

先日、わが家で起きたことが原因で1つの学びがありました。

さて先日、こんな記事を書きました。

妻にさえ、僕の気持ちが伝わらないのに…

 

カンタンに言うと気持ちを伝えるのって、なかなか大変・・・という話。

まして夫婦の間柄のように、わざわざ言葉にしなくても理解してよぉ

という場合はなおさら。

じゃあ、この問題を解消するためには、どうすればイイのか?

僕がよく使う手は、コレ!「紙に書く」ということです。

手紙にして、こちらの気持ちを伝える作戦です。

 

「言葉」って、時にはノイズ(雑音)になります。

相手が受け入れる態勢になっていないと伝わらないどころか、「うるさい」雑音になってしまいます。

相手の態勢、心の状態次第で、逆効果になってしまうのです。

 

「ちゃんと気持ちは分かっていたんだよ。 ごめん、ごめん。」

と言葉で言っても、ケンカをしたスグ後では受け入れられない。

・・・これは、接客でも同じ。

 

お客さんが聞く態勢になっていない、興味を持っていない、

そんな時に商品の説明をしても、お客さんはなかなか聞いてもらえない。

むしろ逆効果。

「売り込み」と勘違いされるだけ。

 

だけど紙に書いておけば、お客さんのタイミングになる。

お客さんが見たいと思った時に、紙に書いたモノ(POPなどの販促物)を読めるようになる。

お客さんが商品やサービスに興味を持った時に見れるわけなんですね。
売り込みが苦手という場合の原因の多くは、お客さんに嫌がられたくないから・・・

という気持ちが働いています。

そしてそれはイコール、

「商品説明がノイズになる」

というコトを店員さんが実感しているからかもしれませんね。

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。