人柄を感じるメッセージって何?…どうやって考えればイイ?

 

「人柄を感じさせるメッセージで伝える」

販促物をつくる上で、すごく大切なことの1つです。

セミナーやサポート先でもよくお伝えしています。

 

・・・ただ一方で、人柄を感じさせるメッセージの大事さはなんとなく分かる。

だけどいざ、そのメッセージをつくるとなると、、、

「どうやって??」

「どんなのが人柄を感じさせる文章なの?」

ってなってしまうケースって、けっこう多いです。

 

そこで今日は、手書きPOPであっても、チラシであっても、ニュースレターでもあっても、、、

必要になってくる、人柄を感じさせるメッセージのつくり方について考えてみます。

 

高知も夜が明けるのが少しずつ遅くなってきた~秋が近づいてるんですね

高知も夜が明けるのが少しずつ遅くなってきた~秋が近づいてるんですね

 

はじめはピンとこなかったけど、次第に、、、

昨日、ある企業さんのサポートに伺っていました。

今回で2回目なんだけど、ニュースレターを製作していくことになっています。

その内容添削をしていたんですね。

 

っで、一緒にニュースレターをつくりながら、サポート先の方に僕がお伝えした言葉。

それが、

「●●さんの人柄を感じてもらう。これがすごく重要ですよ。」

だったんですね。

 

・・・サポート先のNさんと一緒にニュースレターの内容を考えていた。

紙面をいくつかのコーナーに分けて、それぞれのメッセージを考えていた。

最初はNさんもピンと来られていなかったんです。

だけど次第に話をしていくに従い、やりとりが活発になっていきました。

(以下、Nさんとの会話の一部)

 

僕:

「今、Nさんがハマられていることでも何でもいいんですよ。

 例えば、この間、こんなドジしてしまいました、とか。

 何でもイインデス、仕事以外のことで、、、、」

 

Nさん:

「そういえば、この間、娘がソフトボールの全国大会に出場したんです。

 その話をお客さんに話したら、ご自身の家族も同じことあったとか、すごく話が盛り上がったんです。

 ・・・そんなこととかでもイイんですか?」

 

僕:

「おぉ、イイじゃないですか!

 それですよ、それ、お客さんとも盛り上がったんでしょう。

 それはイイ。それ書きましょうよ。」

って。

普段のあなたとは違う一面を感じてもらう

通常、お客さんは、「仕事をしているあなた」のことしか知りません。

「普段(プライベート)のあなた」は、知りません。

そこで、

  • 店内で接客をするあなた
  • レジ打ちをするあなた
  • お客さんを送迎するあなた

以外の別のあなたを感じてもらう。

仕事をしているときのあなたとは、違う「あなた」。

(あなた、あなたという言葉ばかり使って、ややこしくなりますが(笑))

 

普段見れない「あなた」をみたり、感じれたりすると、お客さんにとってはものすごく新鮮です。

もしかしたら、親しみを感じるかもしれない。

普段はものすごくしっかりした姿に見える「あなた」が、実は意外とドジな方だった。

普通の感覚を持っている方だった。

そう感じることで、距離感を近く感じる。

そして、親しみを感じる。

そのギャップに共感したり、意外と普通のあなたに共感するんですね。

 

 

「人柄を感じさせるメッセージ」

というのは、「仕事をしている時のあなた」とは別の部分を伝えるメッセージです。

普段の飾らないあなた。

素のあなた。

はじめは少し恥ずかしいかもしれないけれど、そこをお客さんに伝えてみる。

うまく感じてもらえると、新たな関係性が芽生えますよ。

 

 

手書きPOP7つの極意

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。