POPでリピート購入を狙う

手書きPOPをやると良いこと

結構起きるんです。

例えば、リピート購入してもらうキッカケをつくる。

実は、これも手書きPOPを実践すると得られる

大きな、大きな効果。

手書きPOPを実践するメリット、それは何?

って言われれば、、、

その1つは、お客さんの購入点数が増えること。

・・・ですよね。

あなたもご存知だと思います。

POPを読むことで、普段、買っていない商品を欲しくなる。

そして、購入する。

こんな感じで、お客さんの購入点数が増える。

その役目を手書きPOPが担っているわけで。

ただですよ、

実は、POPには、もっともっと奥の深い効果もあって。

購入点数が増えるだけで終わらない。

お客さんの購入点数が増えると、一緒にさらに良いことが起こるんです。

・・・何だと思います?

POPを読むことで、今まで買ってなかった商品を買う。

今まで知らなかった新しい商品の魅力に気づく。

そういうことでしょ、お客さんにすれば。

・・・POPを通じてね。

っで、その買った商品に、満足してくれる。

食品だったら、美味しかったり、治療院のサービスだったら気持ちよかったり、、、。

とにかく、お客さんが喜んでくれる。

じゃあ、その次はどんなことが起こる?

お客さんが買った商品に満足したら、次はどうするんでしょう?

  ・

  ・

  ・

また、その商品を買ってくれる。

その可能性って、高くなるんじゃないでしょうか?

食品だったら、買って食べたら美味しかった。

また、次お店に行った時に、買ってみよう。

化粧品買って、美白効果があった(よく分かんないけど)。

じゃあ、また無くなった時に買いに行こう、って思うんじゃないですか。

そう、リピートして購入してくれる。

初めて買った商品がよかったら、満足したら、次も買ってくれる可能性が高いということです。

っで、ここからが大事な部分になってきて。

そのリピートして購入するキッカケを作っているのは、実は、手書きPOP。

リピートしてもらう入り口を、POPが作っている。

そういうことです。

っで、さらに言うと、物販はリピートしてもらいやすい。

一度買って満足してもらえれば、リピートしてもらえる確率が高い。

また買ってもらえる可能性が高い、っていうことです。

ですので、まず1番最初に買ってもらうための入り口をつくる。

キッカケをつくりましょう。

・・・そのためにも手書きPOPを使うんです。

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。