「お土産店は、手書きPOPをやらなきゃモッタイないよ」

 

最近よく思うのは、

「お客さんは、買いたがっている。」

ということ。

 

お金を使いたくないというよりも、”買いたいモノがない”。

こんな心境が近いんじゃないか?と思うんです。

 

昨日も高速道路を運転しながら、妻とこんな話になりました。

 

「お土産店は、手書きPOPをやらなきゃモッタイないよ」

僕、よく家族で旅行するんですね。

でね、旅館とか宿泊するでしょう。

 

温泉入って、夕食済ませると、娘を連れてみんなでお土産コーナーをのぞきに行くんです。

「なーんか、いいのないかな?」

「バーバ(おばあちゃん)に何か買って帰れるのはないかな?」

って、見に行くんです。

 

けっこう、こっちは買う気満々。

 

売り場をグルグルまわるでしょう。

・・・だけど、買いたいのが見つからないんです。。

 

娘の手を引っ張って、売り場を見てても、

「欲しいなぁー」

っていう気にならない。

「買いたい」っていう気持ちになれないんです。

 

「何を買ったらいいのか分からない」というのが率直な気持ち

こっち(お客)としては、買う気満々。

旅行気分になっているので、財布のヒモも緩んでいるんです。

だけどね、買えない。

何を買ったらいいのか分からない。

 

これって、結構なストレスです。

 

 

太陽と海って、サイコーの相性だよね

太陽と海って、サイコーの相性だよね

 

 

お店側は、お客さんに何を買ったらいいのか伝えてあげないとイケナイ。

「県外からの宿泊のお客さまに1番人気の商品です」

「高知へ来て、これを食べてなかったら話にならないですよ!」

「・・・・・」

 

なんでもイイと思うんです。

お客さんにきちんと案内してあげる必要があると思う。

お客さんというのは、何かしら買う理由を探しているから。

 

 

その時に役に立つのが、手書きPOPです。

 

あなた(お店)とお客さんをつなげるツール。

意思疎通するためのモノ。

 

ぜひぜひ、いろいろチャレンジしてみましょうね。

 

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」

おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?

その秘密をこちらで公開しています。

ABOUT US

臼井 浩二
書籍「選ばれるお店」著者。社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、年商1億3千万円を達成。パートを募集すれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。現在は『業績UP』と『現場スタッフ育成』の仕組みづくりを行い、サポート実績は200社以上。セミナー累計受講者数は2千名を超える。大学や専門学校などでも講義を持つ。