購入点数が増える魔法のひと言

売上を上げるためにデキること。

それは何も販促物だけじゃなくって、

どこでもデキるんです。

お客さんと接触できる機会さえあれば、、、

 

例えば、レジにおいてでも。

レジで接するお客さんにひと言かけてあげる。

そうするだけで、売上ってグイッと上がったりするんです。

僕が働いていたお店は、正社員がボクを入れて2名。

あとはパートさんの小さなお店だったんですね。

だから、みんなで色んな仕事を分担しなきゃイケなかったんです。

当然忙しくなれば、僕もレジに立つことも多くなってました。

っで、そのレジでの接客話。

 

・・・当たり前の話なんですが、お客さんは買い物カゴに商品を入れてレジに来られますよね。

っで、僕が商品にバーコードを通しながら、ピッピッ、ピッピッ、レジを打つわけです。

 

何となくイメージつきますよね?

 

そのレジを打つ時に、ちょっとしたミソがあって。

お客さんの買われた商品を見ながら、一声かける。

たったそれだけで、たった一言声掛けするだけで、

お店にとっては大きなメリットが生み出されるんです。

しかも、2つもです。

 

「あぁ、この●●(商品名)、美味しいですよね。

 人気なんですよね、僕も大好きです。」

 

こんなことを、お客さんにサラッとレジを打ちながら言う。

すると、お客さんもちょっと嬉しそうな感じになるんです。

 

「自分が買ったこの商品、人気なんだ」

って、思うと嬉しいんでしょうね。

満更じゃない顔になる。

ここで、メリットが1つが生まれるんです。

 

自分の買った商品を褒められたら、嫌な気しませんよね。

また、買おう、そう思うかもしれないですよね。

商品購入者の満足度が上がる。

 

・・・そして、メリットはそれだけじゃなくて、もう1つ。

レジって、列になる時があるでしょう?

前の人のレジを、後ろで待っているお客さんがいる。

そんな状態の時に、前のお客さんと店員さんが会話をしている。

そう、さっきの会話です。

 

「あぁ、この●●(商品名)、美味しいですよね。

 人気なんですよね、僕も大好きです。」

っていう、この会話。

 

・・・後ろでレジを待つお客さんには、どういう風に聞こえているのでしょう?

この会話を聞いたら、どんな気持ちになるのでしょう?
  ・
  ・
  ・
実は、後ろで待つお客さん、その商品が欲しくてたまらなくなるんです。

この会話を聞くと。

 

・・・僕、何度も経験しました。

レジをしながら、お客さんとさっきの会話をする。

すると、後ろでレジに並ぶお客さんが、こんなことを言い出すんです。

 

「その商品、どこに置いてるの?どの売場??」

って、聞いてくるんです。

 

っで、売っている場所(売場)を教えてあげると、探しに行かれるんです(笑)

コレ、結構な確率でしたよ。

僕、レジ打ちながら、ある日を境に、確信犯的にこの会話を使うようになりましたから(笑)

それくらい高い確率で、後ろのお客さんも買って行かれます。

・・・これが2つ目のメリットです。

 

購入点数が増える。

たったひと言、お客さんに声をかけるだけで。

しかも、こちらから無理なセールス(接客)をすることなくね。

 

オモシロいでしょ?

パートさんでも今すぐできることです。

 

っで、実は、この話、結構深い要素が盛り込まれてて。

お客さんっていうのは、直接セールスされるのは不快と感じるけれど、間接的に触れる(聞く)のは、OKという話。

直接、店員さんから、「この商品イイ!」って言われると、拒絶して情報を受け取らない。

だけど、店員さんが他のお客さんと「この商品イイ!」って話をしているのを耳にすると、妙に気になる。

欲しくなる。

普段以上に欲求をかき立てる。

どうも、そんな習性があるようです。

 

・・・これは、僕が現場で体験したことなので、理論的に証明されているか…?

は分からないですけどね(笑)

でも、おそらく当たり!だと思います。

こっちがビックリするくらいの確率で、売れてましたから。

 

・・・最後に、あなたが今すぐ実践できること。

複数のお客さんと接しているときに、特定の方の購入商品に話を触れる。

そして、褒めてあげる。

「この商品、イイですよね~
 人気なんですよ!」っていう感じでね。

まわりのお客さんに聞こえるように、大きな声でね(笑)

↑ココ↑がミソ。

 

すると、購入されたお客さんも嬉しいし、他のお客さんも、もしかしたら、、、

欲しい!ってなるかもしれないです。

1人のお客さんが満足して購入している商品なんで、他のお客さんも満足する確率高いですしね。

双方ハッピーです。

ぜひ、トライされてみてくださいね。

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。