知れば知るほど、欲しくなる

アンテナを張っていると

全然関係ないところから情報が入ってくるんですね。

仕事のヒントになるような話が。

先日もあったんです。

以前、散歩していた時のこと。

朝の6時ころだったと思います。

歩いて間もなく、犬の散歩をされているオジサンに出逢ったんです。

以前にも、朝の散歩時にお見かけしたことがある方で、

「おはようございます」と、あいさつを交わしたんですね。
すると、オジサンが突然、

「花見しに来いやー」と言ってくるんです。

「もうそろそろやし、来いや。お酒と食べもんだけ持ってきて花見しにきいや」

って、話しかけてこられたんです。

「えっ!いきなり何!?このオジサン??」

この桜とどう関係している人なんだろう?

と内心、かなり不思議に思いながらも僕も咲いていた花を指差し、

「この桜は、ソメイヨシノですか?」

って、僕も聞いたんです。
すると、オジサン、

「いや、これは陽光。染井吉野は、もっと後やな。

 陽光って、 「アマギヨシノ」に「タイワンヒザクラ」を交配してつくった桜やわ。

 染井吉野は、あっち。
 (まだ枝には蕾もついていない少し離れた木を指して) 
 
 染井吉野って、有名やけど、あまりもたんし病気に弱いからなぁ。

 テングス病っていう、人間でいう癌みたいな病気にかかりやすいからねぇ。

 アマギヨシノが入っているから、花の色も少し赤いやろ・・・」

こんな感じで、桜について説明してくださいました。

桜に関しては、まったく知識がなかった僕にとっては、目からウロコ。

すごく分かりやすかった。

桜に対しての関心度がグッと、身近に感じられたんですね。

・・・っで、オジサンとは、ココで「ありがとうございます」と言って別れました。
さて、ここからが本題です。

そして、空想の世界です。

少し、イメージしてもらえますか??

もしも、この散歩のオジサンが花屋さんだったとして・・・

さっきみたいな会話を僕と交わした後に、

「そういや、この間、家庭でも咲かすことがデキる桜の苗が手に入ったけど

 見て行かん?結構、きれいやで」

なんて声を掛けられたら・・・??。

あなただったら、どんな気持ちになりますか?

 

僕だったら思わず、その苗を見に行ってみようかな

という気持ちになるのじゃないのかな・・・と。

そして、値段もそんなにしなかったら、その(現実には存在しない)桜の苗買って帰っていくのじゃないか?

って、思ったんですね。

・・・分かります、僕のこの気持ち!?

要は僕が何を言いたいのか・・・というと、

色んなことを知れば知るほど、そのモノに対しての興味が湧く、ということ。

 

今回の例で言えば、桜。

オジサンに、「陽光桜」の話を教えてもらい、桜に対しての興味がグッと湧いた。

僕が知らなかった桜の知識を得たことによって

桜に対して興味が湧いてきたのですよね。

そして、「家庭でも咲かせられる桜」があるのなら欲しいなぁ

という気持ちのところまでいったのです。

 

・・・そしてこの感覚って、ご商売にも活かせるんじゃない?

と思ったんです。

お客さんに色んなことを伝えてあげる。

知識を教えてあげる。

それも、そんなに難しくない知識の範囲内で。

そうすると、お客さんの中にはそのモノ(商品やサービス)に対して、以前にはなかった興味を持ちだす人もいると思うのです。

 

実はこれって、人間のごく自然な心理。

色々なコトを知れば知るほど、さらにもっと知りたくなって欲しくなる。

これって、多くの人が感じるごく当たり前な気持ち。

実際に、さっきの僕がこの心理を証明しましたから。
「売りたい気持ちも分ります。」

だけど、売ろう、売ろうとセールスをするよりも、その商品に関するコトを伝える。

そっちの方が、「売る」ことに対して近道のような気がするんですよね。

どう思われます?

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。