社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

手書き販促物に欠かせない筆ペン

メジャーリーガーのイチロー選手は

自分がつかう、グローブやバットを大事に扱う、

そんな話を聞いたことがあります。

・・・手書き販促を実践するために必須、、、

とまでは言わないけれど、オススメの道具って、あるんです。

 

さて、今日は、POPやハガキを手書きするためのツールの話です。

 

「臼井さんは、どんな筆で書かれているのですか?」

という、ご質問をいただくんですね。

 

僕は、普段、字のキレイさなどの見た目よりも、書く中身を重視しましょう!

ということを伝えています。

なので、あまりツール(道具)の話はしていないんです。

ただ、昨日も僕が使っている筆ペンの話をある方にしたら

すごく驚いて、興味も示してくださったので、今日は少ししますね。

 

僕が使っている筆ペンは、水筆というものです。

こちらです。

20140214

 

水筆

amazon.co.jp

特に、コレしかだめ!というわけではないのですが

筆のコシとかが僕には合っていて、ずっと使っています。

ボディの部分に水を入れて、そのボディ部を押すことにより

筆先から水が染み出てきます。

 

結構、便利だし、慣れると書きやすいかもしれません。

筆ペンの特徴は、字に味が出るというところですよね。

多少、字に自信がなくても、誤魔化せるみたいな。

なので、僕には欠かせないツールの1つになっています。

 

別に、筆ペンでなくてもイイと思うんです。

ご自身にあった、コレを使って字を書くとワクワクするんだよね、

みたいな道具を見つけられるとイイデスネ。

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です