ニュースレターで商品紹介をしてもイイ?

 

ニュースレターを書いたことがある方なら、一度は考えたことがある問題、

じゃないかと思うんです。

「紙面で商品のことを紹介してもイイのか」って。

 

せっかく出すんだから、ちょっとだけ、、、

そんなに大きく書かなかったらイイんじゃないか、、、?

・・・色々と思案するし、コレじゃないとダメという答えもないと思う。

 

ただ、前提の考え方を踏まえた上でどうするのか?

商品紹介を書くのか?書かないのか?

を選択した方が良いと思うので、その前提の話をします。

 

 

実は、先日サポートに伺った会社さんでもこの話になりました。

「チラシの要素がなくなっちゃうし、書いたほうがイイと思って、、、」って。

せっかくなので、可能な範囲内で、あなたとそのお話を共有いたしますね。

 

今月号がデキた、僕のニュースレター

今月号がデキた、僕のニュースレター

 

「商品紹介もした方がいいんじゃないか?」

先月から訪問している、ある会社さん。

前回、いろいろとやり取りした結果、ニュースレターのような”●●だより”みたいなのを出していこう。

その方向性が決まりました。

っで、昨日は、事前に準備しておいてもらった下案をもとに、仕上げていく段階だったんです。

 

書いてくださっていた紙面を見させていただいた。

するとね、1番に印象に残ったのが、商品についての紹介だったんです。

商品紹介が、紙面に占める割合。

これが、結構大きかった。

紙面の3分の1~半分くらいが商品のお話だったんです。

 

会社の方とやり取りしました。

いろいろお聴きしました。

するとね、途中でおっしゃられた、こんな言葉があったんです。

 

チラシの要素がなくなるのも、、、だと思って。

なので、こっちに商品のこと書いた方がいいと思ったんです。

 

今回の話の前提として、もともとチラシづくりに困られていた。

だから、チラシの書き方の相談もしたかった。

ただ同時に、僕とやり取りをしていく中でニュースレターも書くことになった。

・・・なら、この紙面でチラシの要素を持たせていった方がいいんじゃないか?

商品紹介的な部分も書いた方がいいんじゃないか?

 

本当は定期的にチラシも入れていく予定だったんだけど、このニュースレターでチラシの機能も持たせてしまったらいいんじゃないか。

そのような意識が働かれていたようなのです。

キホンは、お手紙

 

今回の会社さんの場合、毎月、お客さんへ送られる郵送物がある。

せっかくなので、そこに同封するものも創ったらいいのでは。

例えば、”●●だより”みたいな、、、お客さんへのお手紙のようなモノをつくっては?

という所が、ニュースレター発行のスタートでした。

 

そのようなことを踏まえて、もう一度考えると、、、、

商品紹介の部分は別紙にしよう。

結論からいうと、そういうコトになりました。

 

定期的な郵送物に添えられたお手紙、

郵送物を開封したときに、その会社の方のことも感じられる一筆。

そんなイメージのお便りです。

なので、

「あんまり商品やサービス色は出さない方がいいんじゃないか」

「商品紹介をするときは、別紙にした方がいいのでは」

そういう風になりました。

楽しみにしてくれている人がいる

今日お伝えした話に、答えっていうのはないと思います。

出すシチュエーションやお客さんとの距離感とかによっても、その状況は違ってくる。

紙面のなかで商品紹介をしても、大丈夫なケースもあると思う。

 

要は、●●だより、●●通信のようなニュースレター。

それらを出したとき、そのお手紙を楽しみに待ってくれる方がいる。

その楽しみに待ってくださる方は、どんな風にすれば、1番喜んでくれるのか?

そこをイメージすることが、すごく大切。

 

その方々は、

「読まれた時に、商品紹介が入っていても大丈夫そうか?」

「・・・あると、気を損なわれそうか?」

ちょっと想像してみるといい。

 

昨日の会社さんの場合は、イメージしてみたら、その紙面にはない方が良さそうだった。

ニュースレターを書かれる方のキャラクターや、お客さんとの関わり方からいくと、別紙にした方がいい感じがした。

ここって、結構重要。

  • あなたのキャラクター
  • あなたとお客さんとの関わり方

このあたりも踏まえながら(なかなかご自身では分かりづらいかもしれないけれど)、読まれる方はどう感じるんだろうか?

考えてみて、どうするか決めてみる。

僕はそれがいいと思います。

 

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。