何もかも忘れて没頭したいなら、手書きがモッテコイ

 

実は、来月から僕の地元高知で筆文字の講座をさせてもらうんですね。

以前からたまにだけど、手書きPOPセミナーと一緒に時間をとってやっていたんです。

・・・やると、やけに参加者さんのハマり具合がハンパなくて。

「いつか、正式にやってみたいよな」

なんて思っていました。

 

大人の筆文字講座

先日も地元の新聞(夕刊)に載せていただいていました

 

手書きって、今の時代に合っていると僕は思っているんですね。

 

今って、自分なりの幸せ。

「自分は、どんなコトで心が満たされるのか?」

各個人個人が、それぞれ気づく。 

そんな時代になってきていると思うんです。

従来思われてきた一般的な幸せじゃなくて、自分自身のサイコーの瞬間。

他のいろんなことを忘れて、没頭できる瞬間。

心の充足っていうのかな、

そんなのを求める人が多くなっていると思うんです。

(僕もその1人!)

 

その心の充足を体験するうえで、モッテコイのもの。

それが、「手書き」なんですね。

心の充足を得るには、手書きがモッテコイ

僕は普段、手書きPOPやチラシ、ニュースレターという販促ツールを推奨する仕事をしています。

販促ツールというと、どちらかというと、、、お店や会社とか、ご商売をされている方がつかうモノ。

そんなイメージがあるかもしれないんだけど。

実は、そうでもなくて。

モノを売ったりしない、一般の方でも使える「心の充足」を得られるツールなんですね。

 

・・・じゃあ、どうして、心の充足(満足感)と手書きがつながるのか?

僕なりに思うことを挙げてみると、その理由は3つあるんです。

1.”あなたらしさ”を出しやすい

例えばね、お友だちの誕生日を祝うとき。

誕生日プレゼントを渡すだけだったら、味気ないから何かメッセージも贈りたい。

そんな風に思ったとするじゃないですか。

文房具屋さんへバースデーカードを買いに行く。

そして、メッセージを書いて誕生日プレゼントと一緒に渡す。

 

その時にですよ、

「お誕生日おめでとう!」

パソコン文字で書かれたメッセージカードよりも、手書き。

そっちの方が感じイイでしょ。

 

「お誕生日おめでとう!●●さん」

って、同じ文章のメッセージが書いてあったとしても、「パソコン字」と「手書き」とじゃあ、相手に与える印象が違うでしょう?

手書きで書かれていると、

「わざわざ、●●さんが書いてくれたんだー」

みたいな感じで、祝ってもらった相手の方の歓びにもつながりやすいと思う。

 

それは、たとえ同じ文章が書かれていても、手書きで書くことで、そのメッセージに”あなたらしさ”が宿るから。

だから、相手にもその気持ちは伝わるんです。

2.人とのつながりを持てる

手書きに慣れてくるとですね(多くの方が自信がないなど抵抗感を持っている)、

書く頻度がグンと上がります。

・・・というか、書きたくなるんですね。

 

ちょっとした感謝やお礼を伝えるのにも、手書きしたくなる。

ハガキとか手紙を書いたりして。

あと、それこそ、先程もあったけど、何かのお祝い。

そこに添えるメッセージを手書きで書きたくなる。

こういう頻度が増えるんですね。

 

すると当然、相手の方(手紙や手書きメッセージをいただいた方)も嬉しいわけですよ。

相手との距離が近くなる。

以前(ただ、お会いするだけ、お祝いするだけ)の関係以上に、つながりが濃くなる。

仲良くなれるんです。

3.何より楽しい!

僕の場合は、筆ぺンを使うことが多いんだけど。

筆ペンで文字を書いているでしょう、

これが何より楽しい!

文章やメッセージを書いている瞬間っていうのは、没頭できる。

雑念、雑音シャットアウト。

まさに、無心の状態に入れるんです。

 

・・・っで、これは何も僕だけじゃなく、他の方も同様で。

セミナーで実証済。

たまにだけど、手書きPOPセミナーと一緒に、筆文字セミナーもやるときがあるんです。

するとですね、もうほぼ参加者の99%の方が夢中になる。

僕の話も聞かずに、没頭されます。

(コレ、ほんと。手書きPOPセミナーより集中される(笑))

 

 

筆文字っていうのが、特に楽しいんだと僕は思います。

人それぞれで書いた文字に味が出ますからね。

これっていう決まった答えがない。

好きなように書ける。

なのに、ある程度、見た目的にもカタチになる。

だから、楽しいんだと思います。

 

”らしさ”を生み出せて、人との”つながり”も持てる。

そして、何より何もかもを忘れて”没頭できる”時間を味わえる。

これが、手書きの魅力。

いやー、こう書くと、手書きってスゴイんだ、ってあらためて実感してしまいました(笑) 

 

 

 

gokui2

なぜ、あのPOPは売れて、私のは売れないの?

手書きPOP7つの極意

せっかく手書きPOPを書いているのに、
お客さまに読まれず、商品が売れない、、、

お悩みではないですか?

この【手書きPOP7つの極意】では、
手書きPOPで成果を上げる

  • ・正しい方法
  • ・間違った方法

を詳しく学べます。

「どんなPOPが売れて、どんなPOPが売れないのか?」
その違いを実感。
明日からあなたも売れるPOPを書けるようになるでしょう。

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。