知っていると販促物の響き方が随分かわること

 

これを知っているのと、知らないのとでは、人生が大きく違ってくる。

そんな教訓があります。

 

これは、僕だけのことじゃなくって、多くの方に当てはまること。

そう思っているんですね。

 

今日は、その教訓の話。

 

 

昨晩、高校時代の同窓会に行ってきたんですね。

そこで思いました。

「いやぁ、やっぱり人間って面白いよなぁ」って。

 

同窓会がある、っていうのを聞て、かなり楽しみにしていたんですね。

高校の時のみんなに会えるのって、すごく久しぶりだったから。

15人くらい集まっていたんです。

っで、色んな話をして盛り上がった。

仕事のこと、家族のこと、誰々が体を調子悪くした…とか。

 

もう何を話しても盛り上がる感じで。

 

・・・中でも特に1番みんな興奮したのが、

「同じにクラスに誰がいたのか?」

クラスメイトの名前を順番にひとり一人言い合っていったとき。

 

「中尾って、いなかったっけ…?」

「いたいた!アイツいた!

 今、あいつ何やってんの?」

みたいな感じになって。

 

「大二郎いたよね!」

「おぉ!いたいた!」とか。

 

みんな、クラスメイトの名前を聞いた時点で、顔を思い出す。

それぞれのイメージを思い浮かべているだと思うんです。

「中尾って、こんな顔してて、こんなキャラクターで…」

高校の時の思い出や記憶を思い出しながら。

 

それぞれ40数人のクラスメイトに対してのイメージがあって。

そんなのを思い出していると、何だか堪らなくなってきて。

 

「面白いよなぁー」

って、なってきたんですよね。

 

 

・・・人間って、みんながみんな自分の人生の主人公。

自分の人生物語の主役。

それぞれ皆、キャラクターが違うし、シナリオも違う。

しんどくて辛い思いをする経験も違うし、幸せを感じる瞬間や場所もみんな違う。

そんな物語を歩む主人公。

 

一方で、自分のことって、なかなか客観的にみれなかったりする。

 

だから、自分の物語やキャラクターを楽しめなかったりもすることもある。

自分自身に自信を持てない時期があったりもする。

だけど、傍からみると、みんなスゴイ個性的だし魅力に溢れている。

そんな人ばかりだと思うんですよね。

 

「人間はモノやサービスよりも、人に共感する生き物」

セミナーをする度に、僕がよくお伝えしているコトバです。

 

どんどん自分のキャラクターを発信する。

キャラクターを光らせるための仕掛け、工夫を行っていく。

そうすることが、仕事の発展。

そして人生の楽しいことに繋がっていくような気がします。

 

・・・というわけで、だんだん何を書きたいのか分からなくなってきたので、このあたりで締めますね。

 

おそらく今日が、今年のブログを書く最後になると思います。

今年も僕のブログを読んでくださり、ありがとうございます。

また年が明けて来年も、元気な笑顔でお会いしましょう。

今年もここまで無事に過ごせたことが幸せです。

 

笑顔いっぱいのお正月をお互い楽しみましょうね。

それでは、また新年で。

ありがとうございます。

 

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。