本音を伝えると、あなたの手書きPOPが読まれるようになる

 

手書きPOPで、すごく重要なことの1つに、、、

「あなたの本心を伝えること」っていうのがあります。

 

扱われている商品に対して、あなたが抱いている気持ちや感じているコト。

そこをお客さんに、しっかりと伝える。

・・・それも決して、商品を売るための建前的なことではなくて。

あなたの本音をなんですね。

 

 

通常ですよ、

お客さんっていうのは、お店は売り込んでくるモノ。

・・・そんな先入観を持っていると思うんです。

あんまり意識はしていないかもしれないけれど、潜在的にはね。

 

なので、例えばですよ、手書きPOPのメッセージの中に、

 

「この○○、価格は高く感じるんですが・・・」

「ちょっと高くて普段はキツイかもしれませんが、こんな●●な特別なときには・・・」

「この香りには、好き嫌いが分れると思うんですが、・・・・」

「実際に女性にも気に入ってもらえるか調べたくて、実は、妻に使ってもらっているんです」

 

 

こんな感じで、メッセージの中に本音トークを入れてみる。

その商品に対して、あなたが本当に思ったコト。

感じたコトを伝えてみるんです。

 

 

スクリーンショット 2014-08-23 07.41.29

ココ、娘の超お気に入りの遊び場なんです、昨日も行ってました

 

 

・・・商品を販売する側、サービスを提供する側も、当然人間じゃないですか。

なので、(特に仕入れ商品なんか)自分が売る商品やサービスを見たときに、

 

・価格が”高い”と感じたり、

・ちょっと、女性には使いづらいかな 

とか、何かしらマイナス的な感情を持ったりすることもあると思うんです。

 

っで、その感じたことを隠して売り込むんじゃなくて、少しだけ正直にお客さんに伝えてみる。

 

そうすると、お客さんは、POPを単なるウリコミ広告として見なくなる。

親切なアドバイス、おススメの紹介として受け止めてくれるようになる。

あなたやお店を売り手としてではなく、親切なアドバイスをしてくれる存在として捉えるようになるんです。

 

そこに、信頼関係が生まれるんですよね。

 

 

だって、あなたがお客さんだとして、、、商品やサービスのイイところばかり羅列されたPOPが並べられている。

それを見てもあまり面白くないコトないですか?

なんだか読もう、っていう気がなくなりません?

(・・・僕だったら、そうだけど)

 

なので、売り手ではなく、あなた個人の立場としてのお勧めアドバイスを考える、

そして、伝える。

ココがポイントです。

ぜひ、一度トライでしてみてくださいね。

 

ただ、その際、どうして、この商品やサービスをおススメするのか?

その理由をお伝えすることを忘れないようにね。

 

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。年間500名を超える受講者への手書きPOPセミナー講師。正社員わずか2名、売場面積30坪の小さな産直店で、ほぼゼロの広告宣伝費のなか年商1億3千万円。アンテナショップ出店を検討する自治体からの視察が殺到。パート募集をすれば「娘を働かせたい」とお客が順番待ち。こんな一風変わったお店での経験が今の仕事の原点。小規模店の販促コンサルも行っている。