社員2名の小さなお店が起こした奇跡>>

POPに何を書いていいのか分からない場合

POPにしても、チラシにしても

「販促物に何を書いてイイのか分らない」

とおっしゃられるお声をよく聞きます。

 

書くコトが分らなくなる理由の1つに、

商品やサービスの良い所、メリットばかりを書こうとする」

そんな風になっている場合があります。

 

紹介する商品のメリットを伝えなきゃ、お客さまは振り向いてくれない。

そうしないと、商品を購入してくれないんじゃないか?

という気持ちに、どうしてもモノを売る側はなりがち。

 

だけど、そこを意識し過ぎてしまうと、あまり良くないんです。

 

というのも、思考がストップしてしまうから。

よけいに、書くコトが思いつかなくなってしまう場合がよくあるのです。

 

 

そんな時に何を書けばイイのかを見つける効果的な方法の1つとして、

お客さまに褒められたコト、喜ばれたコトを考えてみるんです。

 

「お店の人が世間話に付き合ってくれるのが嬉しいの」

「商品の鮮度が良いのが好きで。毎日、新しいが出ているから」

  ・
  ・
  ・

 

何でもイイんです。

お客さまに褒められたり、喜ばれたコトを思い出してみる。

 

そうすると、商品やサービス、それから自店の強みみたいな部分が見えてくるんです。

そこを求めて、お客さまはお店に来てくれているんだ、という点が。

 

意外とその部分って、お客さまに伝えきれてなかったりするし。

だから、そこで見つけた部分を、POPでもチラシでもいいので、お客さまに伝えるようにすればイイ。

今までお客さまが喜んでくれていた部分なので、きっと他のお客さまにも喜んでいただけるはず。

 

商品やサービスのメリットを伝えることにばかり意識を向けない。

 

お客さまに褒められたコト、喜ばれたコトを思い出してみましょう。

 

 

 

小さなお店 事例

正社員2名の小さなお店の大逆転…

「品揃えでは勝てないし…」「ネットが得意でもないし…」「価格も安いわけじゃない…」おまけに周囲は全国規模のチェーンストアや百貨店がズラリ。

なぜ社員2名、売場面積30坪の小さなお店で、ずぶの素人が年商1億3千万円を達成できたのか?その秘密をこちらで公開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。