店主さんと チラシを作っていて 「大事だよなぁ~」 とあらためて思ったコト

 

昨日、ある雑貨店の販促サポートに行ってたんですね。

っで、店主の方と一緒にチラシをつくってました。

 

そこで、ふと思ったこと。

「このチラシを何のためにつくるのか?」

ココを忘れちゃ、ほんとイケないよなぁって、、、あらためて。

 

 

チラシをつくるときに、よく言われるのが、「ターゲット」。

 

いったい、誰にこのチラシを届けたいのか?

そこを明確にしていきましょう、

そういうこと、よく言われるじゃないですか。

 

これからつくるチラシを誰に届けたいのか?

・・・消費者なのか?

・・・・それとも、ご商売をされている方なのか?

例えば、たったココをちょっと考えるだけでも、チラシの内容って変わってきます。

 一般のお客さん向けと、お店とか会社の方に読んでもらうチラシとじゃあ、紙面に書く内容は違ってくる。

 

 

・・・あと、目的っていうのかな。

 

「どうして、このチラシをつくる(っている)のか?」

「このチラシを読んだ方に、どうしてもらいたいのか?」

 

そこをしっかり意識するっていうこと。

意識しながらチラシをつくらないと、紙面内容がボケちゃうよな。

何のために作っているのか分からなくなっちゃうよな。

 

そういうコトをあらためて思ったんです。

 

 

(・・・あっ、ちょっと先にいっておくと)

今、僕が話したことあるじゃないですか。

 

「チラシには、ターゲットと目的の部分が必要ですよね」って言ったコト。

これを聞いて、

「あぁ、それ知ってるよ。ターゲットと出口の話でしょう」

とか、そんな風に思った人は、気をつけてくださいよ。

 

「知っている」と「実践している」。

これっていうのは、まったく違うことですからね。

 

それと、「成果を出している」っていうことは、また別ですからね。

知っているだけじゃなくて、実践できているか?

成果を出せているか?

ここを基準にして考えていかないと、、、ですからね。

 

 

DSC_1188

以前、アマゾンで買った天体望遠鏡。最近袋に入って、部屋に横たわってます。スゴイ勢いで買ったんだけど、、、(笑)

 

 

 

・・・っでね、例えばね、

 

あなたが、(これから作る)チラシを通じて、どうしたいのか?

手に取った方に、どうして欲しいのか?

 

・・・・まずは、相談の電話をしてもらいたいのか?

・・・・来店してもらいたいのか?

・・・予約をとってもらいたいのか?

・・・商品のこだわりを知らせたいのか?、、、、

 

これら目的をもう一度、認識する。

これらによって、書く内容って、全然違ってくるから。

 

例えば、チラシを読んだお客さんに、無料相談の問合わせをして欲しいのなら。

 

どんなことを書けば、無料相談の電話をしてくれるのか?

チラシを読んだ人が、

「この(お店の)人に、ちょっと相談してみようかな?」

って、思うようになるのか。

そこを考えなきゃイケないですよね。

(すごーく当たり前な話を言ってるんですけどね)

 

 

っで、一度、頭でイメージするような感じです。

 

シナリオを描くっていうのかな。

 

自分の想定する人がチラシを手に取りました。

っで、読みました。

どんな感じで、あなたが描く(チラシのゴール)に近づいていくのか。

ココロがどういう風にして動いていくのか。

っで、行動(例えば、問合わせの電話とか)するのか。

そこをまったくの空想でいいんで、イメージすることが大事ですよね。

 

空想で良いと思うんです。

 

一度、理想の流れを思い浮かべる。

っで、その流れになるようにするためには、どんなことが必要なのか?

何をチラシに載せていけばイイのか?

そんな視点が必要ですよね。

 

っで、あと他には、そのあなたが求める人がそのつくったチラシを、どうやったら手にしてくれるのか?

どこで?

どうやって手に入れるのか?

1番可能性がありそうなのか?

・・・みたいな感じで、イメージしてみる。

 

そして、その理想の流れになるために、チラシを考えていく。

 

作ったあとの活用の仕方を考える感じですよね。

 

 

昨日もね、店主さんとね。

チラシをつくりながら、内容がブレそうになって。

紙面に書く内容を考えていたら、途中、なんか全然違う方向にいきそうな内容になっていってね。

っで、そこでふと戻ってみたんです。

 

「そもそも、コレって、誰に届けたいんだったっけ?」

「っで、どうしてもらいたいんだったっけ?」ってね。

 

そしたら、頭がリセットされました。

書く内容が明確になっていったんです。

 

 

あなたがつくるチラシ。

それは、いったい誰に読んでもらいたいのか?

そして、読んでもらった方に、どうして欲しいのか?

まずは、ココをイメージするところから始めてみましょうね。

 

手書きPOPの書き方極意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT著者プロフィール

1974年、大阪府茨木市生まれ。正社員2名、売場面積30坪の小さな産直店で年商1億3千万円を達成。自身の現場経験をもとにPOPセミナーや小さなお店の販促コンサルティングなどを行い累計受講者は1,000名以上。その他、大学にて『POPコミュニケーション』の講義も持つ。